« 点と線 | トップページ | 放送局 »

2007.11.26

治療家の喜び

乗馬をやっている40代の女性が治療に来ている。二度落馬して左でん部を傷めて、ときどき左の足底にしびれが走るという。検査をすると坐骨神経痛に似た症状が出ている。鍼ででん部の痛みを取り、左骨盤の前転と、腰椎のねじれを矯正する。落馬してから時間がたっているので、腰椎のわきに温灸をする。きょうで8回目の治療をした。

初めて治療してから
どのぐらいよくなりましたか
九割ぐらいよくなりました
そうですか
それはよかった

医者も同じだろうが、治療家にとって、患者の苦しみの軽減ほど嬉しいものはない。だからまた、仕事をつづけられるのだ。

« 点と線 | トップページ | 放送局 »

コメント

クライアントも
大好きな治療者には良くなったといえるときが一番うれしいです

投稿: みちこ | 2007.11.26 18:19

★みちこさん、
そうですね、ラポールというのでしょうか、
お互いの信頼感が治療効果を促進することが
ありますね。

投稿: ripple | 2007.11.26 18:33

落馬って痛そうですね
子供の頃は階段から落ちても傷一つ無かったのに
今落ちたら捻挫打ち身だらけになりそう

投稿: うさ | 2007.11.26 21:07

★うささん、
馬の背中は、女性の身長ほどありますからね。
乗るときに馬に動かれて落ちたそうです。
馬は人を見て、バカにするようなところがある。
それでも馬に乗った気分は最高だそうです。

それから子供のときは体重が軽いけれど
大人になると重くなりますからね。たとえば
60キロのものが落ちれば、怪我しやすくなりますね。
おまけに歳をとれば、からだは硬くなるし、
骨がもろくなりますからね。

投稿: ripple | 2007.11.27 09:06

おはようございます。
下記事の柚子ジャムやはちみつ漬けを見て、冬だなあと
思いました。
うちにどっさり生る「でかレモン」で何か作ろうかなと
思います。
「治してあげるから」という気概の感じられる先生には
「ついて行こう」と思います。
患者さんも先生を信頼して何度も通う事が大切ですよね。
すぐに諦めたら治るものも治りませんものね。
治す立場の方の気持ちを知って嬉しかったですよ。

投稿: なっちのママ | 2007.11.27 09:13

ご心配かけていました膝の捻挫は6週間で示談。医師は普通の生活をしてもいい。一昨日は町内会の蜜柑狩りに参加しました。こわごわ少しの坂道も歩きました。
極度の疲労を感じましたが2時間暖かくして寝ますともうなんともない。
昨日はバスのステップも家の階段(慣れている)も足を左右交互に出すことができます。

投稿: みちこ | 2007.11.27 10:13

★なっちのママさん、
金柑も小粒ですがたくさんなっています。
やはり、ジャムかはちみつ漬けができそうです。
ヒヨドリに食べられる前に採らないと。(^-^)
でかレモンですか。ジュースにしてどんどん
飲んだらいかがでしょう。(ゲップ!)

治療は本当に相互の信頼が大切ですね。

投稿: ripple | 2007.11.27 11:01

★みちこさん、
捻挫がなおってよかったですね。
からだを支えてくれる足にお礼を言って
あげてくださいね。(^-^)

捻挫はそのときのショックをからだが
おぼえていて、ある角度に行くと痛む
ことがあります。そうしたら、その反対
側にもってゆき3分ほど固定し、ゆっくり
ゆっくり戻してみてください。捻挫の
癖がとれます。(^-^)

投稿: ripple | 2007.11.27 11:05

貴重な指示をありがとうございます

投稿: みちこ | 2007.11.27 17:49

どういたしまして。

投稿: ripple | 2007.11.27 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 点と線 | トップページ | 放送局 »