« 野川、秋晴れ | トップページ | ピラカンサ »

2007.10.22

松坂、勝ち投手

Cap_2大リーグもいよいよ大詰め。アメリカンリーグの覇者を決める試合は七戦目まで持ち込まれた。きょう、ボストン・レッドソックスの松坂大輔が登板し、5回を2失点に緒さえ、つづく岡島が2回を零封し、けっきょく11対3の大差で勝ち、アメリカンリーグの代表になった。もちろん、松坂は勝ち投手だ。

松坂大輔は鳴り物入りでレッドソックスに入団したが、ボールの大きさやストライクゾーンの微妙な違い、マウンドの硬さ、ことばの壁などにぶつかり、期待された結果を出せなかった。しかし、これでなんとか面目を躍如したといえるだろう。チームメイトとともにグランドではしゃぎ、シャンペンを掛けっこしていた。

ナショナルリーグの覇者はコロラド・ロッキーズで、セカンド松井稼頭央が大活躍している。これで、両リーグに日本人が入ってのワールドシリーズということになった。楽しみが増えた。


« 野川、秋晴れ | トップページ | ピラカンサ »

コメント

万歳!! 敵地で勝利を挙げるスポーツの筆頭がベースボールですね。次いでサッカーだ。今のプロボクシングは不甲斐ないな、、。

投稿: Sushi | 2007.10.23 21:20

あしたからのワールドシリーズが楽しみですね。
松坂が大金に見合うだけの活躍をしてほしい。
岡島、松井稼頭夫も目が放せませんね。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.24 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野川、秋晴れ | トップページ | ピラカンサ »