« ボストン優勝 | トップページ | ジョウビタキ »

2007.10.30

口ばんそうこう

Kuchiban1

これはわたしの寝姿である。布団と掛け布団の幅が狭いが、久しぶりに描いた絵にしてはまあまあだと思う。妻は右となりに寝ているがカットさせてもらった。一緒の布団ではない。枕はパイマー枕といって、プラスチックのパイプが詰まった枕をしている。これは通気性がよく、形も高さも変えられるので、もう20年ぐらい愛用している。敷布団は羊毛で、掛け布団は羽毛布団である。黄色っぽいのはパジャマ、首に巻いているのは、このあいだ買ったタイシルクのマフラー。

問題は口のところである。口を斜めにふさいでいるのはバンドエイドタイプの絆創膏である。バンドエイドは糊がつよいのと、伸縮性がありすぎるので、わたしは生協の傷絆創膏をつかっている。それでも糊が少しつよいので、指に2、3度貼り付けて、糊を弱くして貼る。ガーゼのところに薬の塗ってないやつである。これをわれわれは「口ばんそうこう」と呼んでいるが、もう10年以上続けている。

口をふさいでしまうと、とうぜん鼻で呼吸を行うことになる。これが重要なのである。「陽気堂はり治療室」のホームページのメニューから「健康メモ」をクリックすれば「口絆創膏で、のどすっきり」という項目があるから、そこを読んでいただくと分かるが、ここにその説明をコピーしておこう。

1.のどの弱い方に朗報です。のどを守る、安くて、手軽で、効果的な方法があります。
  それはちょっと変わった方法ですが、口を絆創膏でふさいで眠るのです。私たちも
  3年ぐらい続けていますが、のどがいがらっぽくなることは、ほとんどなくなりました。
  風邪の予防にもなりますので、ぜひ、お試しください。

2.口をそっと閉じて、上唇の上と下唇の下をつなぐように絆創膏を貼ります。
  すこし斜めに貼ると、うまく貼れます。息苦しくはなりません。
  絆創膏といっても、ほんとの絆創膏では唇にくっついてしまうので、バンドエイドの
  ようなものがよいでしょう。ガーゼの部分があるので唇につきません。ガーゼに薬
  がついていない、のりの弱いタイプを探してみてください。
  口をあまり強く閉じないようにして貼るのがコツです。

3.口をふさぐと必然的に空気が鼻を通って温められ、適度にしめりけが与えられ、
  ほこりや雑菌が取り除かれます。すると、のどが冷えず、乾かず、ほこりや雑菌が
  つくことがないので、いがらっぽくなりません。

4.これは耳鼻咽喉科の医師で、同時にオペラ歌手でもあるという、広島大学学長の
  原田康夫先生のアイデアです。学長はなんと25年あまり、一日も欠かさず、この
  方法を実践しているそうです。

Kuchibanこれを書いたのは10年ぐらい前だから、原田先生は30年以上、口ばんそうこうを実行されておられることになる。冬になると空気が乾燥するので、患者さんのこの口絆創膏をよくすすめる。しかし、実際に実行してくれるのは100人に数人しかいないのが残念である。こんな安価な簡単な方法で風邪を防げるのだから、やってくれればいいのに。

« ボストン優勝 | トップページ | ジョウビタキ »

コメント

この口絆創膏は主人はずっと続けております。
枕もプラスチックのパイプが詰まった枕を買ったのですが
いつの間にか違うのを使っています。
主人はどれだけ色々な枕があるか、、、
夏は夏用で頭が冷える等々びっくりするほど持っています。
私は何でも良いので主人の古を貰って使っています。フフフ・

投稿: sakura | 2007.10.30 20:27

何時も、健康の情報、感謝しています、
何処かで以前、この記事を聞いたことがあると思い、考えると、100人に数人しかいないのが残念である、これが印象に残っていました、先生の以前のブログでしょうか?
でも大事なことは、復唱することですね、私は患者さんに、耳にたこができるまで、食事指導、運動指導しています、
先生の絵は、プロ並ですね、これから続けて描いてください、そして、皆を幸せにしてくださいね、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.30 21:27

追伸、先生へ、
陽気堂はり治療室」のホームページのメニューから「健康メモ」の欄でしたね、わかりました、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.30 21:28

うふふ!この絵はまたそっくりなんじゃありませんか^m^
絵がとってもお上手なのですね。また見せて下さいね。
口絆創膏は苦しくないのでしょうか。
一度、やってみようかな。朝、起きたとき剥がしていたら
どうしよう^_^;マフラーとは?

投稿: なっちのママ | 2007.10.30 22:20

おはようございます~
昨晩、貼って寝ました~
朝、起きたら、知らずの内に剥がしてそばのごみ入れに
捨ててありました~
でもしばらく~続けてみます・・・

投稿: namiko | 2007.10.31 10:12

はじめまして!
ぷくと申します。

私のブログ
http://pukucyacya.cocolog-nifty.com/recipe/
に初コメントありがとうございます。
ご返答も兼ね、遊びに来ました!

五行歌も絵もお上手なのですね・・

口絆創膏、私はやったことがありますよ~。
冬場の風邪が流行った時期・・確かに風邪もインフルエンザも無縁でした。

でも、絆創膏を貼ると話ができなくなるので、
おしゃべりな私はいつしか遠のいてしまいました。

久々にこの冬、やってみようかしら??

投稿: ぷく | 2007.10.31 11:12

★sakuraさん、
えらい、ご主人はえらいですねえ。
ところで、sakuraさんはやらないのですか。
これから風邪のシーズンですからおすすめですよ。
パイプ枕も汗が溜まらないのでいいですね。

★マルコさん、
陽気堂はり治療室のホームページにもブログでも書きました。
そう、実行者が増えるまで何度でも書くことでしょう。
絵は好きなのですが、ちょっとマンガチックですね。

★なっちのママさん、
絵は描く人に似るといいますから、多少似てますね。
デジタマの似顔絵には負けますが。(^-^)
口絆創膏は苦しくないですよ。ただ絆創膏の糊がつよいので
指に2,3回貼って、糊を弱くするといいでしょう。
口も軽く閉じるのがコツです。
マフラーは寒い時だけです、はい。

★ぷくさん、
はじめまして、ココログからお邪魔した方でしょうか。
五行歌は5年ぐらいになりますが、絵はほんとにたまに
しか描いてません。こんど増やそうと思っています。
口を軽くとじて貼れば、多少のおしゃべりはできます。
そう、多少のおしゃべりができるぐらい軽く閉じて
それから絆創膏を貼ればいいと思います。

投稿: ripple | 2007.10.31 12:10

★namikoさん、
さっそくやってみてくれて、ありがとうございます。
夜中に汗をかくと絆創膏がはがれてしまうことがあります。
うちの妻のように歯が出ている場合は、つよいまま貼って
みてください。慣れてきたら、糊の強度を調節して続けて
みてください。あさ、ぜったい喉がらくになります。(^-^)
マスクでもいいのですが、はずれてしまうのです。

投稿: ripple | 2007.10.31 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボストン優勝 | トップページ | ジョウビタキ »