« 鎌倉文学館 | トップページ | 生きかた上手 »

2007.10.25

作品14

No14_2

妻のフラワーアレンジメント、作品14。
花嫁が手に持つブーケだそうだ。


« 鎌倉文学館 | トップページ | 生きかた上手 »

コメント

ところどころ色の引き締まったところが大好きです

もう一度今から結婚することがあればこのブーケがいい

投稿: みちこ | 2007.10.25 16:48

奥様の作品も14ですね、やはり白は良いですね、日本でも最近の花嫁衣装は、赤などもあるようですね、中国ではよく赤を使います、見事な出来栄えですね、次回作品楽しみです、白の胡蝶蘭、トルコ桔梗、濃い赤の薔薇、ピンクのカーネーションも綺麗ですね、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.25 17:31

★みちこさん、
最近の結婚式は教会でやったりして、こういうブーケを
よく見かけますね。馬子にも衣装、というわけですね。

★中国は赤ですか。それに喜びを並べた漢字をよく使い
ますね。韓みたいな寺。あれは喜びが重なるようにという
意味なのでしょうか。けっこう大勢呼ばれるのでしょう。
アレンジの出来はいいのですが、写真撮影がいまいちですね。

投稿: ripple | 2007.10.26 09:03

清楚な白がかえって華やかな感じですね。
横に伸びているカーネーションはどうやって
生けてあるのか不思議で・・・(^.^)

投稿: なっちのママ | 2007.10.26 21:01

京子さんがブーケを手に持って
rippleさんが横に立たれた写真が
見たかった!タンタータタン♪~ 
拍手!!

投稿: sakura | 2007.10.27 10:19

★なっちのママさん、
中心部にオアシスというしっかりしたスポンジの
ようなものがあり、そこに花を刺していくのです。
写真より実物のほうがはるかにきれいです。(^-^)

★sakuraさん、
そういえばバージンロードは歩きませんでした。
神式でしたからね。日本髪、白無垢の京子の手が
水白粉で真っ白なのに驚きましたよ。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.27 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉文学館 | トップページ | 生きかた上手 »