« 銀婚式 | トップページ | BOOK-OFF »

2007.10.15

羽生のすごさ

きのうの夜のことだが、録画しておいたNHKの将棋早差し戦を見た。対戦者は羽生善治、王座・王将、と中川大輔七段で、解説は加藤一二三、九段だった。羽生は先手で新しい駒組みを研究してきたらしく、序盤ですでに加藤一二三に「わたしは年に3000局ぐらい将棋を見ていますが、こういう形は初めて見ます」と言わせていた。

Habu 定石をはずれた先手の駒組みは無理があったようで、だんだん後手の中川大輔が優勢になっていった。加藤が「ほとんど中川さんの勝ちですね」と言ったとき、羽生は9八角と攻防に角を打った。最後のがんばりである。加藤一二三は「あれ? あれ?」「えええええっ!」「ひゃあああ」と興奮して叫ぶ。中川の見落としもあって、数分後、羽生は中川を頓死に葬り去った。ほとんど、あっという間の出来事だった。加藤一二三も「NHK杯戦では、おそらく史上初めての大逆転でしょう」とおどろいていた。いい試合だった。

負けそうになっても試合を捨てない。短い時間内に最善の手を読みつづける。ひょうひょうとした顔で、黙々と手を進める。そして、ついに大逆転。対戦成績は、羽生が中川に対して11勝2敗となった。それにしても、投了してもおかしくない局面をがんばり、粘り勝ちした羽生はすごい。思わず拍手をしてしまった。


« 銀婚式 | トップページ | BOOK-OFF »

コメント

先生はご趣味が広いですね、それが若さと元気の元、秘訣なのですね、私は将棋は、苦手ですが、心身、脳に良い事は分かります、情報感謝します、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.15 17:34

将棋もわからないのです。

今しがたの光景です

鰯雲を
バックに
キセイキレイが
キーと
鳴く

投稿: みちこ | 2007.10.15 18:15

★マルコさん、
たいして強くないくせに将棋を見るのが好きです。
プロの棋士の頭の中はどうなっているのでしょうか。

★みちこさん、
小さいとき、女の子はあまり将棋をしませんね。
おはじきとか、お手玉とか、ゴム跳びとか・・・
キセキレイは胸の黄色が綺麗ですね。

投稿: ripple | 2007.10.15 19:00

ドラマチックな展開だったようですね。将棋はよくわからないのですが、NHKのプロフェッショナルという番組で羽生さんを特集したときの「玲瓏(れいろう)」「直感を信じる」などのお話がとても興味深かったです。(番組ホームページでまだ一部読めます)

投稿: まだむこぼれだね | 2007.10.16 08:46

★まだむこぼれだねさん、
お久しぶりですね、コメントありがとうございます。
「プロフェッシォナル」は好きな番組でよく見ます。
長い経験に裏づけされた「直感」が大切なのでしょうね。
解説の加藤一二三さんも、直感が浮かばないようなら
将棋をやめたほうがいい、なんて言っていました。(^-^)
将棋は見た目は地味だけど、内面ではボクシング以上の
戦いが行われていると感じました。

投稿: ripple | 2007.10.16 09:01

対局の動画を見ていましたら加藤一二三さんのMADを見つけ
それ経由で大爆笑動画を発見することができました。 
ありがとうございました。

投稿: うさ | 2007.10.17 02:37

★うささん、
NHK杯の試合の大盤解説を見たのですか。
加藤一二三さんは早口ですね。
将棋は10代から70代ぐらいまでの人が
対等に戦えるすばらしいゲームですね。
いよいよ竜王戦も始まりました。

投稿: ripple | 2007.10.17 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀婚式 | トップページ | BOOK-OFF »