« 調布飛行場まつり | トップページ | 口ばんそうこう »

2007.10.29

ボストン優勝

Bostonワールドシリーズはボストン・レッドソックスがコロラド・ロッキーズに4連勝してあっけなく優勝してしまった。大金を払って獲得した松坂大輔も、けっきょくは帳尻を合わせることができた。それにしても中継ぎの岡島の活躍は予想外だった。失点なしの試合をいくつ続けただろうか。来期は大幅な年俸アップが見込まれる。メッツから移籍したロッキーズの松井稼頭央も水を得た魚のように活躍をした。

日本選手がワールドシリーズに出ることなど数年前なら想像だにしなかったが、それがいま現実になっている。野茂が道を開き、佐々木や伊良部が続き、野手としてイチローや田口がその可能性をひろげていった。プロ野球に関するかぎり、国際化はみごとに実現したといえよう。

学生時代、ボストンに一週間ぐらいいたことがある。ハーバードやMITの友達の寮に止めてもらったり、臨時のアルバイトで一日で4万円ぐらい稼いだこともある。それから、絵のない看板の映画館に入ったら、それが成人映画の3本立てで、しかもボカシもカットもなく丸出しで、ひどく疲れたのを思い出す。テレビでは乳首も出さないのに、成人映画となるとずべて丸出しになる不思議な町だった。

ちょうどクリスマスで救世軍の楽隊と仲良くなり、その教会にいって子供の劇を見たのもなつかしい。キリスト誕生の劇である。授業でライシャワーの教科書を使ったので、ハーバードにいる先生に会いに行こうかとも思ったが、クリスマスなのでやめた。

友人の家に行ったら、日本人は魚が好きだろうというので、お母さんがタラのフライをご馳走してくれた。あの心遣いには感謝している。24日の夜はカトリックのミサに行き、25日はクリスマスなのでくつろいだ。クリスマスツリーの下にプレゼントを並べ、それを一つ一つみんなの前で開けてゆく。そして、いちいち感謝のキスをする。なかなかいい風景だった。街はすっかり雪化粧をしていた。

その昔、ボストンといえば、言わずと知れたボストンバッグの街だ。それしか知らなかった。それから学生時代の思い出がはいり、いまや日本人ダイリーガーの噂が流れるレッドソックスの街になった。世界との距離はどんどん小さくなっていく。


« 調布飛行場まつり | トップページ | 口ばんそうこう »

コメント

先生の青春でしょうか、垣間見ることが出来ました、私もLA、カリフォルニアに青春の思い出多いです、パームツリーにバイクを人の指程の太さの鎖で、括りつけ、毎日カレッジに通いました、巨人。江川さんがUSCに留学してた時です、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.29 17:59

アメリカ中国韓国ロシアはまったく行ったことのない私がフィリッピンやパプアニューギニアの怖さがラスベガスに通じます

ボストン知るよしもないのです

投稿: みちこ | 2007.10.30 07:26

★10月のマルコさん、
若いときに異文化に触れることは大切ですね。
日本を外からながめると、いろんなことがわかります。
LAは暖かくてすみやすかったのではないでしょうか。

★みちこさん、
その国の印象は、そこで出遭う人たちで8割方きまって
しまうのではないでしょうか。わたしはアメリカも中国も
いい印象をたくさん持っています。国レベルではどうも
受け付けないところがあっても。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.30 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調布飛行場まつり | トップページ | 口ばんそうこう »