« 不都合な真実 | トップページ | 電波時計 »

2007.10.18

アジアのラテン

85m4_4治療室のビルのとなりに韓国炭火焼肉の店ができて、1年以上になるだろうか。となりとの境の道を夕方通ると、大きな陶製のつぼに火種が入れてあり、客が来ると七輪に小分けしてテーブルに運び、炭火焼きとなるらしい。看板にはホルモンなどの文字が見える。われわれはめったに肉を食べないから縁はない。

午後4時ごろになると、となりから怒鳴りあうような男女の声が聞こえてくる。韓国語だから意味は分からないが、まるで喧嘩をしているようだ。たぶん、日本語を知らない外国人が聞いたらやはり喧嘩をしているように聞こえるかもしれないが、韓国人の場合は一回りテンションが高いように思う。

むかしオステオパシー(整骨医学)の勉強をしているとき、その中に一人の韓国人がいた。先生によく質問するし、手技をカメラに収めたりして勉強熱心だった。しかし、それが高じて勉強の邪魔になることも少なくない。なんて図々しい奴だろう、なんて自分勝手な奴だろうと思った。そのぐらい自己主張をしないとやっていけない国なのだろうか。

マルセ太郎さんも在日ニ世で、個性がつよかった。日本人は暗いが韓国人はカラッとしているよ、よく言っていた。「アジアのラテン民族だな」、って。そういえば、となりの怒鳴り声はイタリアの下町の言葉のやりとりに似ているところがある。

けさ来た患者さんは、韓国はいちばん嫌いな国だったけど、「冬のソナタ」や「春のワルツ」などの韓国ドラマを見ているうちに大好きになった、と言っていた。儒教の国だから、古きよき日本を偲ばせるらしい。


« 不都合な真実 | トップページ | 電波時計 »

コメント

先生の偏見の無い目線で、人を観る眼が、素晴らしく思えます、韓国の友人は沢山いますが、皆優しさ、逞しさ、両方持っています、韓国と言えば、川崎区のセメント通りに先日行きました、あそこは韓国の町ですね、私の生家は、其処から5分の渡田です、今は有りません、
先生は焼肉は、食べないのですね、良い心がけと思います、魚が良いですね、でも我が家は、冬に、火ナベをします、勿論、羊肉です、美味しいですよ、しゃぶしゃぶです、どうぞお試しあれ、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.18 18:39

韓国のことも良くわかりませんが
言葉はなくとも心は通じるとは言いますが

うまくくいっているときはいいのですが
ちょっとした言葉の足りなさで

誤解や民族的考えの違い

個人的にはどんなにいい方でも
仕事の関係がうまくいかないとみんなが苦しみます。

我が家にも2年ヨーロッパ人が居ましたが
仕事の件では職種によっては難しい問題がありました。

個人の性格にもよりますがね

投稿: みちこ | 2007.10.18 21:29

"ラテン”に惹かれれて出てまいりました。
他の記事もまとめ読みさせていただきました。
先生の謙虚さと博識にはいつもおどろかされます。
サークルでのラテンは今パソドブレ、
体を動かすことが楽しくて仕方がない今、
昨日からジムの週一1時間のラテンダンスにも
参加し始めました。
楽しきことは良きこと哉のノーテンキな日々です。

投稿: Kei | 2007.10.19 09:21

★マルコさん、
川崎もコリアタウンがありますが、大久保は本当に
規模が大きいですね。なんでもそろっています。
ジャガイモ鍋をつっつき、最後におじやにすると
旨いですね。犬の肉なんかも食べちゃいますね。
目上の人を敬うのはよいことですね。

★みちこさん、
十人十色で、やはり人それぞれですね。でも、
何人か集まっていると違ってくる。民族性の
ようなものが感じられますね。日本人は外国
人には「あいまい」に映るようです。あまり
自己主張をしませんからね。

投稿: ripple | 2007.10.19 09:57

韓国の方のテンションというかエネルギーには
驚かされます。韓流ドラマにハマって数年。ヨンさまは
今も大好き。ミーハーな私です(*^_^*)
テレビでは朝から晩まで残虐な事件の報道がひっきりなし。
心だけでなく体まで痛くなって来るんです。
だから、いつもスカパーで韓国ドラマや映画を見ます。
私もお肉はダメですが、お隣の店で海鮮ものでも食べながら、話を聞いてみたいです。

投稿: なっちのママ | 2007.10.19 10:03

★Keiさん、
お久しぶりです。その後、痛みはどうですか。
よいわるいはなしに、Keiさんもどちらかと
いうとラテン系かもしれませんね。ねちねち
しないで、どんどん行動に移してゆくところ
がラテン気質みたい。

わたしはパソドブレがいちばん苦手でしたね。
ルンバやサンバのほうが好きです。だいたい
闘牛士のような格好よさがありませんから。

ラテンの歌もいいですね。イタリア人はカン
ツォーネなんか聴くとき、からだを震わせて
感性を全開にして聴いている。ああいう血は
われわれにはありませんね。

投稿: ripple | 2007.10.19 10:07

★なっちのママさん、
本当にあのトウガラシパワーというか
キムチパワーというか、すごいですね。
「冬ソナ」は集中放送のときに見てか
らファンになりました。チェジウの綺
麗さに圧倒されました。

その後、「チャングムの誓い」も見ま
したよ。そのころ韓国人の方と知り合
いになってハングルも勉強しましたが
もうほとんど忘れてしまいました。
スカパーか、いいですね。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.19 11:55

韓国人はアジアのラテンじゃないでしょう?
アジアのラテンはフィリピン人。実際、フィリピンはラテンの国々の組織のメンバーにも入ってるし…。

投稿: ええっ? | 2008.07.11 13:56

★ええっ?さん、
おっしゃる通りです。
ただこれは芸人マルセ太郎さんが、韓国人はラテンのよう
に明るいということで例えた話です。他意はありません。
どうぞ聞き流してくだいませ。

投稿: ripple | 2008.07.11 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不都合な真実 | トップページ | 電波時計 »