« 作品13 | トップページ | 金木犀 »

2007.10.12

内藤vs亀田戦

ゆうべ、WBC世界チャンピオンの内藤大助と挑戦者亀田大毅のタイトル戦をテレビで見た。大毅のパンチ力は買っていたが、まだ14位の男がチャンピオンに勝てるわけがない。そんなことが起きてはならない。しかし、まさかということもある。そんな気持ちで試合を見始めた。

第一ラウンドはチャンピオンの一方的な攻めで、大毅はガード専門。これも作戦かと思ったが、ラウンドが進んでもこの関係はあまり変化しなかった。イノシシのように突進してくる亀田の頭を左手で押さえながら、内藤は変幻自在のパンチを打ち込む。亀田はカウンター狙いのようだったが、手が出ない。

Boxing終盤、いらだつ亀田は内藤のからだをレスリングのように何度か投げて減点3。けっきょく、大差で内藤が勝利した。試合後、両者が互いに讃えあうこともなく、亀田陣営はさっさと退散。スポーツマンシップのかけらもない。大毅は相手を小ばかにしたような態度をとるし、反則も多かった。見ていて醜い。記者会見でチャンピオン内藤をゴキブリ呼ばわりしていたが、大毅がゴキブリ以下であることが公然と証明された。(写真は、asahi.com)

スポーツは勝敗がつきものだが、負けてもきれいな試合をした者には拍手を送りたくなる。勝っても汚い試合だったら不愉快だ。亀田親子にはもっと品性というものを磨いてほしい。ま、今回負けて、少しはおとなしくなるだろう。


« 作品13 | トップページ | 金木犀 »

コメント

今日、業界の方々と一緒にランチしましたが話題は同じです。

武士道・騎士道・・・ そういうもの感じないですね。

最近は記者会見とかを見ていると、柄の悪い負け犬がきゃんきゃん叫んでるようにしか見えません。

態度も、心も、品格も・・・父子揃って醜いです

投稿: ひでちゃん | 2007.10.12 14:50

先生へ
私は昨日、終盤から観ました、先生の言われる様に、亀田選手は格闘技と勘違いしているようですね、K1の軽量級で、心身を磨いたら、さぞかし逞しくなるとも思います、亀田選手の悪役は、父の影響でしょうね、悪役は結構、極めると人気でます、しかし本人は辛くなるでしょうね、
何時も新鮮な、情報感謝します、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.12 14:59

★ひでちゃん、
品格は一代でできるものではありませんね。
この親にしてこの子あり、という感じですからね。
ま、たっぷり修行してもらいましょう。

★マルコさん、
弱い犬ほどよく吠える、でしたね。
悪役だって仁義を切るでしょうに。
いろいろ叩かれて成長してゆくのでしょう。

投稿: ripple | 2007.10.12 15:56

私も見てました。
パンチ力や技‥それ以前にもっと磨かなくてはならないものがあるのに。
人間として、親として、あの父親は何を教えているのでしょうね。
息子たちはもっと大人にならなければ。
品位ある大人になってほしいと思います。

投稿: じゅんこ | 2007.10.12 22:24

★じゅんこさん、
ビデオを見ると、コーナーで親父が「急所をねらえ」、兄貴が「肘で目を打て」などと反則指導をしていたらしく、JBCでは処分を検討しているらしいですよ。
それにしても、内藤は本当に「いい人」ですね。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.13 09:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品13 | トップページ | 金木犀 »