« BOOK-OFF | トップページ | アジアのラテン »

2007.10.17

不都合な真実

Futako
二子玉川駅から見た秋晴れの多摩川

アメリカの元ゴア副大統領にノーベル平和賞が与えられるという。そのきっかけとなったのが同氏製作の映画『『不都合な真実』らしい。地球温暖化の危機を訴える映画だそうだ。そこで、このDVDを借りてきて見た。映画はゴア氏の講演を主体にしたもので、その内容に従って映像が流れる。南極の氷が融けると海面が6mも上昇して大都市の大半が水に沈むとか、氷河が融けると川が干上がって水不足で多くの人が死ぬとか、恐ろしい話を説いていく。

二酸化炭素の排出量と気温の変化がきれいに比例し、ここ数年で過去何万年もの平均の二倍以上になったとか、グラフやデータを示しながら説いていく。温室効果ガスによって、南方の蚊や病害虫が北部にも侵入して疫病がはやる。砂漠化して飢餓が増える。台風やハリケーンが大型化し被害が甚大になる、等等。

最大二酸化炭素排出国のふたつは、アメリカと中国なのに、京都議定書に調印しなかった。石油産業などの圧力や、発展途上のエゴなどでうまくいかない。しかし問題は切羽つまっている。理論的には、このままでは地球が破滅するのは間違いない。できることをやっていくしかない。燃費のいい車に乗ろう、車はやめて自転車や公共交通機関を利用しよう、等等。

ゴア氏のノーベル平和賞獲得は民主党の力を強めるだろう。そうすれば、温暖化への対策が大きく進むかもしれない。

→不都合な真実


« BOOK-OFF | トップページ | アジアのラテン »

コメント

アメリカで今バイオエタノール用の穀物生産をしていますが
日本の飼料の価格が値上がりしたり、生産に電力が多くかかったり、CO2対策になっていないそうですね。
なんて書いていたら

>ゴア氏のノーベル平和賞獲得は民主党の力を強めるだろ>>う。そうすれば、温暖化への対策が大きく進むかもしれな>い。

さすがリップル先生、実益を考えてますね
結果的にでも対策が進めばOKですものね

投稿: うさ | 2007.10.17 23:30

排出権ビジネスなんてのもあるそうです

投稿: うさ | 2007.10.17 23:32

今私にできること
太陽熱温水器
紙パックとストローの区別
ささやかにそのくらいです

投稿: みちこ | 2007.10.17 23:53

★うささん、
トウモロコシからエタノールを採るには、
電気代がかかり効率が悪いそうですね。
ブラジルのサトウキビのほうがいいらしい。
ゆくゆくは燃料電池車でしょうか。

排出権ビジネスね。
なんでも金銭でかたづけちゃうところが怖い。
せっせと木を植えましょか。

★みちこさん、
分別ごみ、生ごみ再利用、ソーラー発電、
こまめに電気を消す、自転車を使うなど、
できることから始めましょう。

投稿: ripple | 2007.10.18 09:19

今から出来ることを、始めることですね、私などたくさんCO2出していると思います、車にのり、スクーターも使いますので、考えないといけませんね、
良い情報感謝いたします、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.18 14:00

南の島が海に沈んで行くのをニュースで見ましたが
現実に問題があらわれると不気味ですね。できる
ことから始めましょう。

投稿: ripple | 2007.10.18 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOOK-OFF | トップページ | アジアのラテン »