« リウマチ | トップページ | 腹にひびく »

2007.10.03

ニュー・シネマ・パラダイス

Cinemaレンタルビデオ屋で『ニュー・シネマ・パラダイス』という映画を借りてきて見た。題名は知っていたが、いろんな映画のオムニバスのようなものだろうと勝手に思っていて、いままで見ていなかった。たまたまmixiの知人の日記にこの映画のことが触れられていたので、どんな映画だか見てみたのである。

いろんな賞を取っているだけあって、この映画は想像した以上に面白かった。メイン舞台はシチリア島の小さな町の映画館、その名も『ニュー・シネマ・パラダイス』。映画好きの子供が、第二次大戦後の混乱した世の中を生き抜きながら、映写室のおじさんと仲良くなったり、恋をしたり、軍隊に入ったり、いろいろな経験を経ていく。映画の素晴らしさを訴えながら、大きな意味で、この映画も反戦映画のひとつではないかと思う。

監督はシチリア生まれのジュゼッペ・トルナトーレで、同監督の『マレーナ』は見たことがある。現在上映中の『題名のない子守唄』はまだ見ていない。この映画もおすすめらしい。

→ニューシネマパラダイス


« リウマチ | トップページ | 腹にひびく »

コメント

私は所帯じみているから
映画は映画館でないとだめなのです
家出レンタルなどを見ていると嗚呼そうだ洗濯機が止まったとか。

投稿: みちこ | 2007.10.03 21:03

みちこさん、
映画は映画館でみるのが本道でしょう。賛成です。
でも、きょうは定休日なのでゆっくり観賞できました。
この映画は、もう一度、映画館で見てみたいと思います。

投稿: ripple | 2007.10.03 21:10

以前なぜだか忘れましたが借りようとして諦めた記憶がだけあります( ̄▽ ̄)

パッケージはおじいちゃんと子供が写ってる作品ですよね
借りてみたくなりました

投稿: うさ | 2007.10.04 03:20

うささん、
わたしと同じですね、借りようとしたことがあるのは。
いやあ、いい映画ですよ。イタリア人は女を見れば、
だれかれかまわず声をかけるといいますが、シチリア
の男は実直で、感動しますよ。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.04 10:13

イタリアの映画ですね、シチリアといえば、マフィア、日本で言うと大阪、広島でしょうか、人情味が厚く、血気盛んな人が多い、映画は、ひと時のオアシスでしょうか、映画私も観たくなりました、

投稿: 10月のマルコ | 2007.10.04 11:07

マルコさん、
この映画はおすすめです。3時間の大作ですから、
時間のあるときにご覧ください。わたしはDVDを
借りてきて、音声を日本語にしてみました。
字幕スーパーを読むのが面倒なので。年ですね。(^-^)

投稿: ripple | 2007.10.04 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リウマチ | トップページ | 腹にひびく »