« キカラスウリの花 | トップページ | 夏の空 »

2007.08.12

セミの羽化2

猛暑が続いている。お八つに冷えたスイカを食べたが、とても甘くて美味しかった。それから京子とお盆の買い物に出かけた。花も買ったし、お供え物も買った。くろがね屋に行ったとき、はずみで電気のチェーンソーを買ってしまった。けさ草刈りをしたとき、枝おろしをしなければならない木が何本か見つかったからだ。試運転をしてみたが、直径10cmぐらいの木をあっという間に切ってくれる。ノコギリではけっこう大変だ。

夜9時ごろ、セミが羽化しているところを懐中電灯をつけて探し回った。やっと見つけたが、もう羽化はほとんど最終段階だった。もうすこし早くてもよかったかもしれない。いつ見ても神秘的な姿である。

Uka01

Uka02

小さいデジカメしかなかったのでフラッシュの光量を調節できず、すこし白トビしてしまったが、まあまあの写真が撮れた。蚊よけのネットをかぶったが、手の甲や手首など、何箇所も蚊に食われてしまった。痒いったらない。


« キカラスウリの花 | トップページ | 夏の空 »

コメント

こんな夜のもう羽化するのですか

無事羽化できてよかったですね

投稿: みちこ | 2007.08.13 06:08

羽化のときは、いちばん危険なときですね。
いつほかの動物に襲われるか分からない。
うかうかしてられません。(^-^)

投稿: ripple | 2007.08.13 08:44

無事に羽化できてよかったです。
こうゆう写真を見ると、本当によかったなあと思います。

蚊よけネットをかぶった、rippleさんの姿想像すると、
笑えちゃいます。

桐生の展示ではお歌ありがとう。
陽太さんで、お祭り参加でした。
色々あったけど、楽しかったよ。

投稿: 愛子 | 2007.08.13 09:08

夜間に孵化するのですね、私は多くの人の子が、夜明けに生まれるのと同様、夜明けに孵化すると想っていました、鶏の孵化も、時間は不規則なのでしょうね、神秘性を感じる瞬間です、見事な描写ですね、どんな画家でも描けない瞬間でしょう、

投稿: 10月のマルコ | 2007.08.13 09:36

★愛子さん、コメントありがとうございます。
そうだ、愛子さんは虫が好きなんですよね。
ゾウムシ、ミミズ、カメムシ、テントウムシ、
草むしりをしてるといろんな虫がいて楽しいです。
アシナガバチなんかちょっと怖いけれども。
セミの羽化を分解写真で撮りたいけれど、
蚊の餌食にされちゃうので完全防御しないとね。
根気がいります。(^-^)

★マルコさん、
暗くなってすぐ地面に出てくるものや、夜中
おそくなって出てくるものなどがあるようです。
1、2時間で羽化が終わりますが、小学校のとき
初めてみたときはほんとうに感動しました。
あのウスバカゲロウのような羽の色が美しい。(^-^)

投稿: ripple | 2007.08.13 10:08

rippleさんの写真て迫力あります・・・
いつもすごいです!
静の写真も動の写真も感動します。

投稿: ひでちゃん | 2007.08.13 11:01

rippleさん やりましたね!
よく蚊に刺されながら頑張られた。
そのお陰でこうして神秘的なところを
拝見させて頂けました。
見ていて感動なさったでしょうね。
貴重な写真です。スゴイ、スゴイ。

投稿: sakura | 2007.08.13 15:50

蝉は蝉になって、7日の生命と知りました
朝も昼も夜中もなきつづけます
きっと、8日めの命がほしいんでしょうね~

投稿: namiko | 2007.08.13 16:34

★ひでちゃん、
お褒めにいただき恐縮いたします。
セミを探すのが大変でしたが、
撮影も難しいですね。白トビしたりして。
パソコンですこし修正しました。(^-^)

★sakuraさん、
そうですね、現場でその羽化にじかに立ち会う
というのがやっぱりいいですね。午後8時ごろ
からでも見つかるのではないでしょうか。
蚊よけをしたけど、手は忘れました。(^-^)

★namikoさん、
土の中で苦節7年、地上はわずか1、2週間。
子供の頃は、セミの羽をちぎったり、目玉を
爪でつぶしたりして変な飛び方をさせました。
いまは絶対そんな残酷なことはできません。

投稿: ripple | 2007.08.13 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キカラスウリの花 | トップページ | 夏の空 »