« ニラの花 | トップページ | 蝉が鳴く »

2007.08.19

高砂ゆり

Yuri
タカサゴユリ(ホソバテッポウユリ)

2、3日前に、シランのあいだからヌッと長い茎を伸ばし、蕾をふたつつけた百合を見つけた。それがけさ開花した。花はまさに鉄砲ゆりだが、葉が細い。インターネットで調べてみると、どうやら「高砂ゆり」という種類らしい。鉄砲ゆりと区別するため「細葉鉄砲ゆり」とも呼ばれるそうだ。ただ、鉄砲ゆりと交雑しやすいので厳密な区別ができないものも少なくないという。

高砂ゆりは台湾固有種で、日本に持ち込まれた帰化植物らしい。そういえば、台湾には高砂族という原住民がいる。鉄砲ゆりは4月ごろ咲くが、高砂ゆりは8月ごろ咲く。また高砂ゆりのほうが背が高く、花の大きさも鉄砲ゆりより一回り大きい。いったい、誰が種を運んだのだろう。


« ニラの花 | トップページ | 蝉が鳴く »

コメント

rippleさん
植えた覚えも無いのに咲いてくれたタカサゴユリ!
清楚でとても素敵なユリですね。
これからも毎年咲いてドンドン増えたら
いいですね。

投稿: sakura | 2007.08.19 12:11

ホソバテッポウユリ,葉は本当に繊細な細さですね、花の形状は鉄砲ユリに似ていますね、私の治療室の側の民家と道路の隙間に今、咲いています、これがこの花の様です、もしも先生がお教えしなかったら、名前は知りませんでした、情報感謝いたします、

投稿: 10月のマルコ | 2007.08.19 14:18

こちらでは須崎湾に入港した台湾の木材に種が巻かれていたらしい。

投稿: みちこ | 2007.08.19 16:56

私が咲いた!(^-^;A
うちの庭にもスッとした姿でよく咲いていました。
高砂ゆりっていうのですね。
はじめて知りました。
うちのお墓のまわりにも咲いています。
春はクロッカスで、初夏はゆりで、秋はきんせん花。
祖母がお墓のまわりに植えたものですよ♪
うちのお墓だけなんでだろうって
祖母に聞いたらお花畑になった方がお墓にくるのが楽しいって
おかしなこと言っていましたっけ。

投稿: lily | 2007.08.19 20:19

★sakuraさん、
そういえば草取りのとき、似たような葉の草を
けっこう抜いた覚えがあります。まさか百合だ
とは思わなくて・・・  知らぬが花ですね。(^-^)

★マルコさん、
葉っぱが細くて百合とは思いませんでした。
花も丈も全体的に大きいです。わたしも調べる
までは知りませんでした。いつもレス感謝!

★みちこさん、
帰化植物は大きいものが多く、とうぜん強く、
日本古来のものが駆逐されそうですね。

★lilyさん、
ほんとだ、リリーさんが咲いた。高砂のリリー
さんが咲いた。スラッとしてスタイルがよく、
歩く姿もしゃなりしゃなりと・・・(いい過ぎ?)
お墓は彼岸花か菊と相場はきまっていますが、
百合もいいですね。白だと清楚でまたいい。
きっと、あちこち種が散って、お花畑になる
ことでしょう。

投稿: ripple | 2007.08.20 09:04

昨年は気がつかなかった。今年はなぜか崖にものすごい数の百合が白い花を咲かせている。名前が分からずnetで調べてみようとgoogleで検索をすと、このhomepageが目に入り名前が分かりました。有り難うございます。はじめ、あんまり繁殖が早いので外来種かと思いました。

投稿: Mr. susumu | 2009.08.23 13:17

★Mr.susumuさん、
コメントありがとうございます。
台湾原産だから、外来種といってもいいでしょう。
とにかく頭にユリの花が一ダースぐらい咲くので
壮観ですね。もっとも、上が咲く頃は下の花が
はらりと散ったりしていきますが。

投稿: ripple | 2009.08.24 09:39

私の住んでいる佐渡でも数年前から突然に島内のあちらこちらで”高砂ゆり”が咲いているのが見られ話題になっていました。皆が一様に植えた覚えは無いと言う。
私の庭にも2年位前から咲き出して今年は数十本に急増しました。しかし、私の家の回り数100メートルには全く見られないことから、種が飛来したのではなく20数年前に庭を改造した時に入れ替えた土の中に種が有ったものと思いますが、それにしてもこんなに長い間じっとしていたものが長い年月を経た末にいっせいに発芽して咲き出す事が不思議で生命の凄さを感じています。
どんな経路で離島の佐渡まで種が運ばれたのだろうか。

投稿: K-ISHIZUKA | 2009.12.16 08:10

★K-ISHIZUKAさん、
書き込み、ありがとうございます。
いま、先に種ができていますが、あれを鳥が食べてどこかに運び、糞をして芽が出たのでしょうか。とにかく、ここ数年でワッと広がりましたね。おっしゃるように凄い生命力です。佐渡は二度行きました。最初は南、二度目は北をまわりました。思った以上に大きなしまですね。たくさんの能舞台があったのが印象に残っています。また、遊びに来てください。

投稿: ripple | 2009.12.17 12:09

我家の庭にも高砂ゆりらしきものが増えました。
ひとつ、知りたいのはこのユリの球根も鬼ユリのように食べられますか?
鬼ユリの根は茶碗蒸しなどに入れるとほろ苦く
おいしく食べられますが、高砂ユリの根は如何
でしょうか?教えていただきたい。

投稿: kiku | 2010.01.28 17:12

我家の庭にも高砂ユリが増えました。
このユリの球根は食べられますか?
鬼ユリの根は茶碗蒸しなどに入れておいしく
食べられますが、如何でしょうか?
教えてください。

投稿: kiku | 2010.01.28 17:16

★kikuさん、
こういうときはインターネットで調べるといいですよ。
いまGoogleで検索したら、食べられるようです。
鬼ゆりほど苦くはないそうですが、あまり美味しく
なかったという人もおります。おいしいのならもっと
そういう記事があってもいいのにあまりありません。
茶碗蒸し程度なら問題ないでしょう。(^-^)

投稿: ripple | 2010.01.28 17:37

高砂ユリはなんどかさかせたが,わたしはあまり好きではありません。
従来のもののテツポウユリのほうがまだしもいいのでさかせています.
しかし、たかさごゆりでも輝きはじめるとすばらしい。
再度挑戦してみようかな?

投稿: hirochan | 2010.10.13 13:39

★hirochanさん、
植えたわけでもないのに勝手にタカサゴユリがなります。
台湾から来たようですが丈夫な花なのですね。テッポウ
ユリのほうが上を向いているから格好がいいみたいです。
しかし、それ以外の区別は難しいようです。匂いはあま
りしませんね。また来年も咲くでしょう。

投稿: ripple | 2010.10.13 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニラの花 | トップページ | 蝉が鳴く »