« 8月1日 | トップページ | 作品9 »

2007.08.02

セミの羽化

Semiuka

けさ7時ごろ、裏の細い篠竹の先にアブラゼミを見つけた。抜け殻がそばにあるから、一晩かかって殻を脱いだのだろうが、雨のせいで予想外に時間がかかったのかもしれない。羽の色もまだ完全には茶色くなっていない。7年も地中にいて、初めて地上に出たときの気分はどうだったろう。雨の中での脱皮も大変だっただろうに。これから未知の世界を思う存分飛び回って楽しむといい。


« 8月1日 | トップページ | 作品9 »

コメント

蝉の孵化の様子、感動的でしょうね、私はその瞬間を観たこと有りませんが、誕生の瞬間は素晴らしく思うでしょう、人は死を迎えるときにも、孵化するような、苦しみを感じるでしょう、私の両親は二人とも、臨終時そうでした、音も立てず、動いたり止まったり、闡明に覚えています、いつも自然の話題は素晴らしいです、

投稿: 10月のマルコ | 2007.08.02 11:59

セミの幼虫を捕まえて柱などに止まらせ、
羽化を観察したことが何度もあります。
最初の淡い緑色は、それこそため息が出る
ほどの美しさですよ。
光に当たるとすぐ茶色になっていってしま
いますがね。
死んだらこうやってエクトプラズマが出て
ゆくのでしょうか。

投稿: ripple | 2007.08.02 12:38

セミの羽化は見ておいたほうがいいと言われました。
それは感動的なのだそうですね。
落ちている幼虫を、どこかに引っ掛けて見るのだそうです。
今年こそ見たいです。庭にいるのですけどね。
そんなにずっと待っているほど暇でもないし^m^

投稿: なっちのママ | 2007.08.02 16:35

午後9時ごろになれば、ぼちぼち木に登り始めます。
地面にあいた穴を探して、そのまわりを探します。
幼虫を捕まえてきて部屋の中で観察するのもいいです。
外は蚊が多いし、暗くて写真も撮れません。
朝、しっかりセミになったところで逃がしましょう。
羽化の光景は息を呑む美しさですよ。(^-^)
ことしはセミが多いようです。

投稿: ripple | 2007.08.02 17:50

わぁ~、ご説明いただいて有難うございました。
やっぱり夜なのですね。もうすぐ娘たちが里帰りして
来ますので、なんとか見せてやりたいです。
昨年はキャンプに行って絶好の機会だったのに残念な
事をしました。やっぱり今年はセミが多いような気が
していました。という事はチャンスだ(^O^)/

投稿: なっちのママ | 2007.08.03 17:25

せみの羽化は何度見ても興奮します。
あの複雑なよろいをゆっくり脱いでゆくさま、
浅緑の胴体、羽が張るようす、奇蹟ですね。
時間を追って写真を撮るとよいでしょう。
ネットでもその過程の写真が見られますが。(^-^)

投稿: ripple | 2007.08.04 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月1日 | トップページ | 作品9 »