« 合歓の木 | トップページ | 明日の記憶 »

2007.07.01

ひざの痛み

きのう、27歳の男性が、サッカーで膝を傷めたといって来た。膝の裏が痛い、それに膝が曲がらないという。整形外科に一ヶ月以上通っているが一向になおらないので、インターネットで調べて来院したという。

うつ伏せになってもらい、骨盤や腰椎をみたが大きな変位はない。そこで、まず膝の裏に細い針を数本打って痛みを軽くした。それから仰向けにして、膝のお皿の下を押してみるとかなり痛がる。これは大腿四頭筋が緊張していることを示している。カウンターストレインの言葉を使えば「伸展ひざ」である。平たく言えば、「伸びきったひざ」だ。

Exknee_1伸びきった膝は、さらに伸びきった状態にすればいい。足首に枕をかって、膝のお皿の部分をベッドのほうに向かって押し込むのである。2分ほどしてから、注意深く、ゆっくりゆっくり戻してゆく。それで膝を曲げてみると、よく曲がるようになった。もちろん、痛みも取れている。だから曲げられるようになったのだ。

けさ、もう一度治療にみえたが、きのうの治療がよく効いているようで、膝はちゃんと曲がる。ハムストリングが硬いので針でゆるめ、きのうと同じように「伸展ひざ」の治療をした。さらに足首の内反ねんざがあったのでそれも治療した。「2、3日、速い動作と無理な動きをしなければそのまま治るでしょう。何かあったら電話してください」といって帰した。一ヶ月も治らなかったのが二日で治れば、御の字だろう。

きょうは土渕不動院の草刈りだったが、午前中は仕事だったので京子に行ってもらった。それから登戸神社の夏祭りだったが、自宅の草取りなどをやっていて、すっかり忘れてしまった。九月の秋祭りにはかならず行こう。

« 合歓の木 | トップページ | 明日の記憶 »

コメント

rippleさんの治療に読みいっているときがあります
私は漢方とか針灸はあまり使ったことがありません
しかし昔こんかいの方のような症状はありました
若かったからテーピングと後のリハビリー(自然的)で治っていましたが
又山へ行って膝が笑うとか。

今は周囲に50肩が多いです
私は急性期は大事にしてその後に庭木を切ったら治った

いい加減な患者ですね

投稿: みちこ | 2007.07.01 14:46

先生へ
膝の患者さん、喜ばれたことでしょう、名医と思います、最近は高齢者の変形性膝関節症のかた多いです、自宅施灸を、勧めていますので、膝のみではなく、血圧、コレステロール、血糖の安定になりますね、

投稿: 10月のマルコ | 2007.07.01 19:07

立ち仕事の多い私ですが、最近椅子にすわっていて、立とうとすると、すぐにひざが伸びなくて、いたた!!と言いながら伸ばして居ます。隣に接骨院があるので聞いてみると、正座をするようにと言われました。でも、正座も長く出来ず、すぐに崩してしまいます。どうしたらいいのでしょうか?ひざの筋肉が、伸びきっているのだとのことです。
曲げ、伸ばしが、トテモつらいです。このままだとだんだん歩けなくなるのではという、不安が!rippleさん教えてください。

投稿: トミー | 2007.07.01 21:40

★みちこさん、
わたしは鍼灸がメインですが、明らかに関節の異常がある場合などは手技療法(オステオパシー)を行います。膝は内側の痛みが多く、とくに側副靭帯と半月版の痛みが目立ちますね。前後十字靭帯の障害も少なくありません。むくみは小粒のお灸がよく効きます。

五十肩も多いですね。多くは背中がまるくなり、両肩が閉じて、肩の関節面が合わなくなっています。楽なほうに数分固定しゆっくりもどせば軽くなります。くわしくは「陽気堂はり治療室」のホームページに書いてあります。

★マルコさん、
女性ホルモンの減少が一因となっているので、圧倒的に女性の膝痛が多いですね。こういう若い男性はスポーツ傷害のことが多い。変形のひどいのは大変ですが、若い人は1、2回で治ることもあります。お灸もよく効きますね。

★トミーさん、
むかしは、曲がらぬ膝を無理に曲げたり、曲がらぬ首を無理に曲げたりしたこともありますが、それはからだが嫌がっていることです。そういうことをすると却ってからだはかたくなになります。あくまでも楽な姿勢を探してちょっと安静にしていると、からだが喜んで、緊張がほぐれてきます。緊張がほぐれれば、今度は曲がるようになります。

曲げ伸ばしがつらい場合は、仰向けになり、膝をらくな角度にまげ、下肢全体を10㎝ほどあげて5秒ぐらい保つ。これを10回ぐらいくりかえします。できれば、うつ伏せで後ろ上げ、仰向けで枕などを股で挟みつけるといった体操をするとよいでしょう。

投稿: ripple | 2007.07.02 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合歓の木 | トップページ | 明日の記憶 »