« ひざの痛み | トップページ | ハナアオイ »

2007.07.02

明日の記憶

ゆうべ『明日の記憶』という映画をテレビで見たが、これはなかなかいい。渡辺謙が主役で樋口可南子がその妻。働き盛りのサラリーマン戦士が、とつぜん若年性アルツハイマーにかかるという恐ろしい話だ。はじめは病気を認めたくないのだが、否応なしに症状が出始める。自分が痴呆症に向かってゆくと診断されたらどうだろう。人間はかならず死ぬと分かっていても、そんな形での死は受け容れがたいに決まっている。


« ひざの痛み | トップページ | ハナアオイ »

コメント

ずっと見たいと思っていて、ゆうぺテレビをつけたのは
いいんですけど、冒頭の数シーンを見て、もうダメでした(><)
自分がああなったら・・と思ったら、せつなくて。
それだけ名演技だったってことなんですが。

投稿: take1962 | 2007.07.02 11:52

takeさん、こんにちは、
けっこうキツイ映画でしたね。
妻も泣きながら見ていました。
このあいだの『県庁の星』といい、
日本映画もいいのがありますね。

投稿: ripple | 2007.07.02 11:57

質素でも
あいに
漲る
うたの
豊かさ

どちらも見ました

投稿: みちこ | 2007.07.02 13:54

自分が、又は家族が、と思うと切実に感じるものです、理想の死に方、老い方を考えさせられました、理想通りにはいかないのが、常でしょうね、しかし目標を持つと、実現の可能性でますね、私は、昼寝のまま、昇天したいです、

投稿: 10月のマルコ | 2007.07.02 14:19

★みちこさん、

ときに訪れる
災難は
平凡な生活が
平凡でないことを
教えてくれる

★マルコさん、
宮沢元首相も「ちょっと疲れたから休む」と言って、
文字通り、となりの部屋に行くようにして逝ったそ
うですね。大往生ですね。
アルツハイマー病は嫌ですが、こっちには選ぶ権利
がありませんね、こればっかりは。

投稿: ripple | 2007.07.02 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひざの痛み | トップページ | ハナアオイ »