« オオヨシキリ | トップページ | 欠盆 »

2007.05.10

シラー・ペルビアナ

Niwa008
シラー・ペルビアナ

庭の片隅にきれいな花が咲いている。いつのころからか毎年この時期に咲くようになった。もちろん、わたしは植えた覚えがない。どこからか種が飛んできたのだろう。アガパンサスに似ているが、花は小さな星を散りばめたようで宝石のようにきらめいている。

インターネットで調べると、シラー・ペルビアナという名前で、ユリ科の花らしい。原産地は地中海沿岸で、日本にはかなり古くから輸入されているという。英語では Cuban lily とか、Peruvian lily と呼ばれるそうだ。全体は円錐状の集合花で、裾のほうからだんだん花を開き、てっぺんに向かう。青と紫と黄色のしべの取り合わせが見事である。


« オオヨシキリ | トップページ | 欠盆 »

コメント

シラー・ペルビアナ、何とも言えない色と姿、溜息が出ますね、花言葉はちょっと寂しい ■哀れ、でした、青い花は心を、爽やかに、してくれますね、 青い花は最近花屋さんでも、多く観ます、

投稿: 10月のマルコ | 2007.05.10 13:40

10月のマルコさん、
いつもながら「神様のおつくりになるものは傑作ばかり」と
大いに感心している次第です。(^-^)

きのうはすてきな写真をありがとうございました。

投稿: ripple | 2007.05.10 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/15020920

この記事へのトラックバック一覧です: シラー・ペルビアナ:

« オオヨシキリ | トップページ | 欠盆 »