« ライラック | トップページ | 野川うらら »

2007.04.28

菜の花

Nabana_1

採りそこなった
白菜が伸びて
花を咲かせている
周囲が
ほんのりと明るい


« ライラック | トップページ | 野川うらら »

コメント

菜の花、鶴見川の土手にも、まだ沢山咲いています、時期が過ぎると、人は興味を持って、観ることが有りません、先生は残り火のような、菜花に心を向けたので、菜花がサインを送ってのだと想います、人生の後半は若い人から観ると、如何うつるのでしょうね、若い頃は新しい知識、物に魅力感じました、歳をとると、古いものにも魅力感じるようになりました、昨夜往診で88歳の方のお宅に伺いましたが、築50年です、そのつくりに歴史の重みを感じました、

投稿: 10月のマルコ | 2007.04.28 16:54

今日は瞑想会に行ってきました。難しかったです。

投稿: うさ | 2007.04.28 23:00

★マルコさん、
瞑想をしてから、心が落ち着いてきました。
これは年をとったからかもしれません。
しかし好奇心は相変わらず旺盛でいろいろ
情報に目を配っています。古いものを懐かしむ
のが老人、将来を思うのが若者、が一般的で
すが、心は若くありたいものですね。

★うささん、
瞑想会、お疲れさまでした。
雑念が多くて難しかったのでしょうか。
雑念が多かったら少しつよめの呼吸をして、
意識を呼吸に戻せばよいのですが。
雑念を無視するのがコツといえばコツですね。
いろんなときがありますので、いろんなときが
あるんだなあ、と思ったらいいでしょう。

投稿: ripple | 2007.04.28 23:31

ありがとうございます。
本日も行って来ました。
立派で柔らかな阿羅漢のお坊様で帰りは心が綺麗になった気がしました。

投稿: うさ | 2007.04.29 23:10

うささん、
よかったですね。いろんなときがありますね。

投稿: ripple | 2007.04.30 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/14873638

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花:

« ライラック | トップページ | 野川うらら »