« 芋たこなんきん | トップページ | 第六天神祭 »

2007.02.10

力が抜けない

力を抜こうとしても
力が入ってしまう
歯の治療
となりの人も
足をつっぱっている

« 芋たこなんきん | トップページ | 第六天神祭 »

コメント

力が入り、力が抜けない、力と言うのは普段日常で何気なく、使っていますが、考えると面白いです、
力 この捉え所の無いもの 筋運動と言ってしまえばそれまで、
電気的な反応と言ってしまえばそれまで、力、私は意思の表れと思う
歯の治療、終わると良いですね、

投稿: 10月のマルコ | 2007.02.10 19:57

ripple先生も私と同じ苦しみ(?)をお味わいのようですね、、。私も、デンティストで”まな板の鯉状態”のときには、両方の手をお腹の上で組んでこれ以上緊張できないほど硬くなっています。

これは、怖いこと以上に、「よりよい患者であろう」という意識が自然と働いて、リクライニングシートの上で直立不動状態をしていると思います。こういうケースでは、やっぱり、患者は弱い立場ですよ。

投稿: Sushi | 2007.02.11 00:09

★10月のマルコさん、
意思の現れと同時に、無意識の現われでもあるようですね。でも、となりの人の足がつっぱてるのが見えるだけ余裕があるでしょ。(^-^)

★何をされるかわかりませんから、自然に身構えてしまいますね。次回は左の奥歯も抜歯されてしまいそうです。なかなかうまく磨けませんね。(^-^)

投稿: ripple | 2007.02.11 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力が抜けない:

« 芋たこなんきん | トップページ | 第六天神祭 »