« 抜歯 | トップページ | 梅まつり »

2007.02.03

後楽園ホール

ダイナミック・グローブと銘打ったボクシングの試合を京子と見に行った。うちの患者さんでレフリーをやっている方から招待券をもらったのだ。4回戦2試合、6回戦3試合、8回戦1試合、それに10回戦2試合だ。下のクラスの試合では、秋に見たときよりノックアウトが少なかったが、そのぶん白熱した試合が多く、見ごたえたっぷりだった。

アテネオリンピックに出場したフライ級の五十嵐俊彦は、タイのマナチャイ選手を右のボディーブロー1発であざやかにしとめた。1回KOだった。セミファイナルでは日本フェザー級8位の矢代義光がヨネクラジムの木村智仁を2ラウンドKO。この選手は今後頭角を現してくるだろう。

Boxing4
五十嵐がボディーブローを決めた瞬間(日本テレビより)

Boxing2
18戦無配の矢代義光(右)が攻める。パンチの切れがいい。

メインイベントは、帝拳のホルヘ・リナレスとパナマ・フェザー級チャンピオンのラミロ・ララとの試合だった。両者ともパンチが早く、きれいなボクシングをしていたが、3回にリナレスのパンチが炸裂しレフリーストップ、TKO勝ちをおさめた。リナレスはつぎに世界チャンピオンを狙うという。ロシア出身のユーリのような形になるらしい。とにかくパンチの切れ味がいい。

Boxing1
リナレス(左)がパナマチャンピオンを3回でKO。

やたらに身軽な選手がいたり、べた足でじわじわ攻めてゆく不器用な選手がいたり、身長がぜんぜん違う選手が試合をしたりしておもしろかった。ヨネクラ会長、輪島功一、ファイティング原田、浜口剛史などの顔も見えた。きょうの夜中に日本テレビで放映するという。ボクシングは選手が真剣に戦う姿が胸を打つ。夢中で見ていると、いいストレス解消になる。最近はゴールデンタイムにボクシングの放映がなくなって非常に残念である。

家に帰ってから豆まきをした。窓や扉を開け放って、少し声を控え目にして、「福は内、福は内、鬼は外」と叫んだ。


« 抜歯 | トップページ | 梅まつり »

コメント

ripple先生
今日は友人ともどもご一緒させていただき誠にありがとうございました。
僕らが子供の頃は世界に誇れるチャンピオンが日本人でいっぱいいました。それがいまでは斜陽、さびしい気がします。
でも、今日は満員御礼、若い女性3人づれなんかもいて捨てたものではないなと感じました。
改めて、お礼申し上げます。

投稿: Sushi | 2007.02.03 23:57

きのうは楽しかったですね。
思わず、「ウオーッ」とか「やったあ」とか
叫んでしまいました。興奮しましたね。
けっこう、ストレスの解消にもなりました。
そう、ほぼ満員でボクシング人気もなかなか
ですね。もっとテレビで放映してほしいな。

投稿: ripple | 2007.02.04 08:57

先生がボクシング興味あるとは、以外でした、健全なスポーツとして観ると、一途で素晴らしいスポーツなのが、再確認できました、最近空手を習う主婦もいて、格闘技を健康維持にするかた多いです、スピード、テクニック、パワー、この3種が、大事との事でした、精神、心、が不足と想いましたが、各道場の方針なので、それはそれで良いのかなと感じました、

投稿: 10月のマルコ | 2007.02.04 09:05

プロレスがショー的要素が多いのにくらべ、
ボクシングは真剣です。檻に放たれた2匹の
人間が(ルールのもと)相手を倒そうと戦う。
こんなまじめなスポーツはありません。(^-^)

投稿: ripple | 2007.02.04 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/13776554

この記事へのトラックバック一覧です: 後楽園ホール:

« 抜歯 | トップページ | 梅まつり »