« 梨花トークライブ | トップページ | 寺家ふるさと村 »

2007.02.19

理解するということ

自分が
その人の立場に立ったら
そうせざるを
えなかった
のかもしれない


« 梨花トークライブ | トップページ | 寺家ふるさと村 »

コメント

先生は人の目線で考え、その人の立場で考えるのが大事なことを、人一倍、ご理解できているので、この歌が、さらっと出来ると想います、
犯罪者も、時と場合で援護する気持ちが湧いてきます、

投稿: 10月のマルコ | 2007.02.20 09:44

いつもこういう気持ちでいたら争い事がないでしょうけど、
わたしとてけっこう自己中心的な人間です。
ただ本当に利己的な人は利他的な人でもあるものです、
大きな意味で。(^-^)

投稿: ripple | 2007.02.20 16:43

想像力をたくましくしなくてはいけないと、家族と会話していて思います。特に思春期で口数の少ない次男に対しては、、。妻の方がよくわかっているのは、日頃の会話以上に、相手(息子)の立場にたつということが出来ているのかもしれません。

投稿: Sushi | 2007.02.20 21:13

自分の学生時代を振り返ってみると、親にはあまり相談をしなかったように思います。友達どうしでいろいろ話したことのほうが多いようです。また、子供さんはそれぞれ個性があるので、それに合わせて会話しないといけないでしょうね。親父は煙たい存在でもいいとも思います。ただ、ときどきは相手の立場に立ってみるというのも必要でしょう。(^-^)

投稿: ripple | 2007.02.21 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/13981929

この記事へのトラックバック一覧です: 理解するということ:

« 梨花トークライブ | トップページ | 寺家ふるさと村 »