« 忘年会 | トップページ | 喪中はがき »

2006.12.17

法事

きょうは親戚の一周忌の法事があったので治療室を休んだ。はっきりしない天気だったが雨が降らなくてよかった。法事は10時からと早かったが、もう一組あったためだ。寒い季節に亡くなる人が多いので、この時期、お坊さんも忙しそうだ。

お経は、心経、観音経、座禅和讃をあげていたが、聞き取りにくかった。前のお坊さんのようにはっきり読経せず、言葉を濁すからだ。もっとも、そのほうが有り難味があるという人もいる。お経のあいだはただじっと聞き、焼香をするだけだ。故人の話など一切ない。そこへいくと、キリスト教のほうが人間味がある。

わたしは車で行き、行き帰り4人を運んだので、お酒は一口も飲まなかった。お酒を飲まないと、頭がはっきりしていていい。第一、お釈迦様は禁酒を五戒のひとつに入れておられるではないか。先日の忘年会はなんだ、反省!

山はほとんど枯れ葉を落とし、いよいよ冬の様相を呈してきた。午後はちょっと疲れたので、うたたねをしてしまった。録画しておいたテレビ番組を見たり、フィギュアスケートやサッカーのトヨタカップなどを見た。フィギュアでは浅田真央ちゃんが2位だった。サッカーはブラジルのインテルナシオナルが優勝した。訓練しだいで、人間のからだはどこまでも伸びるのがわかる。

« 忘年会 | トップページ | 喪中はがき »

コメント


母の日の起原は、アメリカ、バージニア州と聞きました、1908年教会で、ある少女が母の追悼の意を表し白いカーネーションを、捧げたそうです、法事も身近な習慣として、生活に溶け込んでいるのですね。
信徒の交わりだけに留まらず、良い習慣と思います、先生はお経をよくご存知ですね、私は1976年日蓮宗のお経暗礁しましたが、今は忘れました、

投稿: 10月のマルコ | 2006.12.18 10:13

暗唱の字を訂正です、申し訳ございませんでした、

投稿: 10月のマルコ | 2006.12.18 12:07

むかし、恐山のイタコに祖父を呼び出してもらったとき、
「年回や法事は楽しみにしているよ」と言われましたから、
亡くなった人にも遺族の思いは届くものと思います。

投稿: ripple | 2006.12.18 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法事:

» フィギュアスケート全日本選手権2006 [浅田真央 フィギュアスケート YouTube 動画 画像]
体調不良による不振で終了したグランプリファイナル2006だったが、休む間もなく今度は全日本選手権が27日から開催される。 [続きを読む]

受信: 2006.12.20 11:20

« 忘年会 | トップページ | 喪中はがき »