« つわぶき | トップページ | ゆず »

2006.11.14

編集手帳

けさの読売新聞「編集手帳」に五行歌が引用されていた。いじめによる自殺に関する記事だが、わたしも「五行歌秀歌集」を持っていて、この歌を覚えている。たくさんある歌のなかで、なにか心を引かれるところがあったのだと思う。以下の茶色の部分が「編集手帳」の記事で、五行歌の部分はあえて五行に分けて書いた。

伊東柚月さんという方の詠んだ五行歌を頭でなぞっている。

いっそ
大きく凹(へこ)もう
いつか
多くを満たす
器になるのだ

◆草壁焔太(えんた)編「五行歌秀歌集1」(市井社)に収められた一首である。器を満たすものは涙かも知れない。涙の容器になることなど誰しも望みはしないが、凹みを知らない人間に比べてどれほど魅力的か◆一片の詩句を知ることで、気の持ちようで、死を決意させるほどの苦しみが薄らぐとは思わない。自分を励ますことに疲れ、いまこの瞬間にも力尽きそうな子供たちのひと粒の糧になればと、藁(わら)にもすがりつく心境でここに引いた◆人を自殺に追いやるほどのいじめは、ほとんど犯罪である。告発するのは少しも恥ずかしいことではない。凹みも深ければ器が割れる。割れる前に、涙の湖を語ってほしい◆もう1本の藁にすがる。清美作、

いじめっこが
いじめられっ子に
ひらあやまり
三十年ぶりの
同窓会」

昔よりも陰湿で残忍ないまのいじめにはそのまま通用しないとしても、「歳月」がいかなる魔法を演じるかは生きつづけてみなければ分からない◆30年とは言わず、3年、いや1年、心の凹みを打ち明け、声を発して生きてごらんなさい。あの時、死ななくてよかったと思う瞬間が必ず訪れる。約束しよう。だからいま、死んではいけない。

二つ目の歌もよく覚えている。似たような体験をしたことがあるからだ。20年ほど前に、初めて中学の同窓会をやったとき、昔いじめっこだった奴が、ひらあやまりとまでは行かないが、バツの悪そうな顔をして近寄ってきたからだ。いじめっこらには嫌な思い出があるが、ある意味、精神的に鍛えられたともいえる。だいたいは、取っ組み合いの喧嘩をしてそれから仲良しになったものだ。

自殺は
最大の自己主張
かもしれないが
自己を消滅させては
何も生まれない


« つわぶき | トップページ | ゆず »

コメント

自殺の事を聞く度に
心が重く悲しくなり
コメントが書けません。

投稿: sakura | 2006.11.14 22:03

子供たちの命を大事に思っている
大人たちが、沢山いるってことを
知らせたいです。
くい止めないと・・・・悲しいです。

投稿: なっちのママ | 2006.11.15 07:59

sakuraさん、
自殺するには、そうとうの度胸、勇気が必要だと思います。
それだけの勇気があったら、もっとべつの表現をしたら
いいのにと思います。死ぬことはない!

なっちのママさん、
いちばん辛いのは親御さんでしょうね。かわいがって育て、
これからだっていうのに自殺されたら、ほんとに悲しい。
自殺はエゴの極致だと思います。自分勝手です。
もちろん、いじめるほうもそれこそ犯罪です。

投稿: ripple | 2006.11.16 09:01

rippleさん 自殺をするその時は、正常な神経ではなく
病気がそうさせるのではないでしょうか?

ただ どうして子供が思い悩んでいる時に
親がもっともっと注意をして見守っていないのでしょう?
いくら親に話さないと言っても一寸した行動や生活ぶりを
見ていたら絶対親には分かると思うのですが、、、、
後で学校や先生の責任にするより、もっと親が注意して
子供を見守るべきだと 私は思っています。

投稿: sakura | 2006.11.16 11:48

そうかもしれません。極限の状態にあることはたしかでしょう。
子供は親にも先生にも話せない、話しても分かってもらえない。
友達にも相談できない。それで行き詰まってしまう。
家族や学校でのコミュニケーションがうまくいっていないのでしょうね。

投稿: ripple | 2006.11.16 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/12685926

この記事へのトラックバック一覧です: 編集手帳:

» 凹むという事 [まゆげクリニック]
今朝の讀賣新聞の編集手帳にて 伊東柚月さんの 「いっそ/大きく凹もう/いつか/多くを満たす/器になる」 という五行歌が紹介されていた。 優しさに満ち溢れたとても勇気づけられる言葉だと思う。 その器に何を満たすのかは人それぞれ。 でも、 凹むことで、 人の痛み・苦しみ・悩みがちょっとでも分かるようになって、 その分だけ人に優しくすることができるんだったら そんないいことはない。 凹むことで、 ... [続きを読む]

受信: 2006.11.14 21:19

« つわぶき | トップページ | ゆず »