« 野川晩秋 | トップページ | 収穫祭 »

2006.11.04

ほどほど

80を過ぎた女性が背中や腰、ひざの痛みで長年治療にきていた。うちの治療を気に入っていたからだ。ところが、先日キャンセルの電話があり、しばらく姿を見せなかった。どうしたんだろうと思っていたら、けさ予約が入り、ひざをかばうようにしてやってきた。

話を聞くと、息子が通っている鍼灸院に連れていかれたのだそうだ。そこでくスポーツマッサージのようなことをやられ、かえってひざを傷めてしまったという。ぐいぐい引っ張られたり、押されたりして、痛みがひどくなり、2週間ほど動けなくなってしまったという。

その治療院では、高齢者に若い人と同じような治療をしてしまったらしい。高齢者はからだが硬いし、骨はもろい。注意しないと、かえって関節を傷めたり、へたをすると骨折さえしかねない。人それぞれに応じて、治療内容を変えていかなければならない。わたしも注意しよう。

« 野川晩秋 | トップページ | 収穫祭 »

コメント

高齢の人も家も 丁寧に対処し、いたわると まだまだ使えますね、患者さんお大事になさってください 

投稿: 10月のマルコ | 2006.11.04 22:21

明日はわが身、と思って治療を心がけています。
みんな年をとっていきますからね。

投稿: ripple | 2006.11.05 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほどほど:

« 野川晩秋 | トップページ | 収穫祭 »