« 冬鳥 | トップページ | 正座うしろ倒れ »

2006.11.23

箱根仙石原

22日、23日と連休だったので、箱根に出かけた。町田からロマンスカーに乗り、小田原でレンタカーを借りた。慣れているのでうちと同じパッソにした。最初に「星の王子さまミュージアム」に行った。例に寄って、ナヴィがあるので便利である。『星の王子さま』は原書はフランス語だが、英語版の"Little Prince"は、英語の勉強をかねてよく読んだ。

Hakone204
ミュージアム入り口のシャボン玉

入口に自動シャボン玉発生器があって、夢の入口をイメージさせてくれる。いかにも一昔前のフランスの建物の中に、星の王子さまや作者、サン・テグジュペリにまつわる資料が並べられていた。ちょっと迷路のようだった。建物のまわりに植えられたモミジがきれいに紅葉していた。ま、『星の王子さま』のマニアならこたえられない所だろう。

Hakone201
レストラン「星の王子さま」

仙洞茶屋という店でそばを食べ、近くの長安寺に足を伸ばした。ロマンスカーの中にあったガイドブックに紹介されていたからである。曹洞宗のお寺で、紅葉がみごとだった。そこここに五百羅漢さんが置かれていて、なかなか味わいがある。カメラマンが数人いて、紅葉や羅漢さんを撮っていた。山にはヤマガラやシジュウカラ、名前を知らない野鳥の声がした。

Hakone208
長安寺の境内

Hakone219

Hakone206
羅漢さまたち

それから、ポーラ美術館に行った。辺鄙なところにあるのに訪問者が多い。ここはドガ、シャガール、ルノワール、ローランサン、ピカソ、セザンヌなどの名品でいっぱいだ。ダリはやっぱり病的で好きになれない。ここの美術館は広くて疲れる。

すすきの中を走り、箱根ビジターセンターに寄り、箱根の自然や歴史を紹介する映画を見せてもらった。眼下に芦ノ湖が見えるが、すこし霞んでいる。そのとなりが、宿舎の「小田急箱根レイクホテル」である。じつは国民宿舎なのだが、概観はもう立派なホテルである。

Hakone212
箱根レイクホテル

食事も美味しいし部屋もきれいで言うことはないが、風呂が熱いのが玉にキズだった。あと2度ほどぬるくてもいいのではないかと思った。そうアンケートに書いておいたが、熱めと温めの湯船があるといいなと思った。「ためしてがってん」などを見て寝た。

Hakone216

朝はバイキングだが、よくできていた。牛乳がおいしかった。ホテルの庭に出ると紅葉がじつにすばらしい。野鳥もいろいろいるようだ。ヤマガラが5、6羽飛び回っている。木の枝をコツコツ叩き、虫を食べている。エゴノキの種もくわえている。長いことバードウォッチングを楽しんだ。

Yamagara102
ヤマガラ

Yamagara101

Yamagara105
実をくわえているヤマガラ

それからナヴィを「箱根神社」にセットして箱根町に向かった。箱根神社には前にも行ったことがあるが、ずいぶん立派になったような気がする。長島一茂がここで結婚式をあげたからかななんて思う。あとは旧道を通って一路、小田原まで向かいレンタカーを返却した。

京子はいろいろお土産を買っている。「守谷のあんぱん」、菜の花の「ご黒うさん」、鈴廣の「かまぼこ」、帰りのロマンスカーで食べるお弁当、等々。12:06小田原発のロマンスカーは最新型だった。それを知って予約をしたのだけれども、あいかわらず乗り心地がいい。いい休日を過ごすことができた。

« 冬鳥 | トップページ | 正座うしろ倒れ »

コメント

もみじの絨毯が素敵ですね。
この季節はしんなりしたくなります(*^o^*)
箱根の温泉、
私もいきたいです。
ロマンスカーに乗って
ゆっくりしたいです。
計画たてなくちゃ。

投稿: lily | 2006.11.23 23:06

ことしは暖かいから、紅葉の色がいまいちなのだそうですが、山の上のほうはやはり色づきがいいようです。箱根は近くていいですね。温泉の種類もいろいろあって。足の熱が取れたら、温泉もいいでしょう。VSEというロマンスカーは乗り心地がいいですよ。

投稿: ripple | 2006.11.24 09:08

箱根の休日を最高に楽しんだようですね、芦ノ湖には以前エンジン付ボートをレントして、公魚、ヒメマス、ニジマスをトローリングで釣りました、山上湖なので、夏季に霧が出て神秘的になりますが、周囲を見ていないと、海賊船に体当たりされ、木っ端微塵になります、
箱根は春夏秋冬最高の安らぎをくれる所ですね、

投稿: 10月のマルコ | 2006.11.24 15:45

湖の上から見る景色も乙でしょうね。
ときには、あっという間に霧が出て
怖いめに遭うこともありますね。
公魚とはブラックバスのことですか?

投稿: ripple | 2006.11.24 16:15

芦ノ湖のワカサギの旬は、他と違い夏の頃と聞いた、最近でも献上品として、大切に扱われている、釣りをしてても、禁猟区が広い範囲にあり、その近くはワカサギを獲物にするブラウン、レインボー等、フィッシュイーター達が潜んでいるので、ポイントである、
公魚の由来は霞ケ浦、北浦の一部を治めていた麻生藩が 将軍家斉公(徳川 11代目)に年貢として治めたことから公儀御用の魚、つまり「公魚」と呼ばれた。

投稿: 10月のマルコ | 2006.11.24 19:16

公魚とはワカサギのことでしたか。これはお恥ずかしい。
しかも献上品にするから公魚とは恐れ入りました。
山中湖や河口湖には何度かワカサギ釣りに行きました。
から揚げにすると、美味しいですね。

投稿: ripple | 2006.11.24 19:27

素晴らしい休日でしたね。
去年日帰りで友人とバスで箱根に行きました。
便利になったものだと感心しました。
良い時期で良かったですね。
やはり一泊するとあちこちと行かれていいですね。
色々見せて頂き私も行った気分で嬉しいです。
有難う御座いました。

投稿: sakura | 2006.11.24 20:11

紅葉もきれいですね。
敷き詰められた落ち葉もステキです(^^)
ヤマガラが、とても活き活きと活動的に見えます♪
良いところですね~(^^)

投稿: じゅんこ | 2006.11.24 21:46

sakuraさん、
紅葉のいい時期に行けてラッキーでした。
女の人はお三度から解放されて幸せそう。
箱根は美術館が多く、まだ制覇できません。(^-^)

投稿: ripple | 2006.11.25 11:15

じゅんこさん、
ほどよく手入れされた庭に紅葉が散るのがいいですね。
落ち葉をかさかさ踏みながら歩くのも楽しい。
ヤマガラはエゴの実が好物のようです。
硬そうなのに、割って食べています。(^-^)

投稿: ripple | 2006.11.25 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根仙石原:

« 冬鳥 | トップページ | 正座うしろ倒れ »