« 秋の小菊 | トップページ | バレエの夕べ »

2006.11.08

NOCTY

Nocty

小用があってJR南武線の武蔵溝の口駅に降りたが、ここも十数年前に区画整理事業が完了して、見違えるほどきれいな街になっている。丸井のとなりにNOCTYという変わった名前のビルがある。なぜノクティーというのか長いあいだ知らなかったが、あるとき溝の口に住む知人にその理由を聞いて驚いた。

NOCTYは「のくち」を英語っぽくした造語なのだそうだ。その「のくち」というのは、若い人が使う「むさしみぞのくち」の略称だという。そりゃ「むさしみぞのくち」より、「みぞのくち」より、「のくち」のほうが言いやすい。若い人は略語を好むようだ。下北沢は「しもきた」だし、吉祥寺は「ジョージ」だ。マクドナルドは「マクド」で、ミスタードーナッツは「ミスド」とやる。

最近、成城学園前駅に洒落た駅ビルが出来た。その名がたしかCOLTYだったと思う。さて、この「コルティー」とは一体どういう意味だろう。


« 秋の小菊 | トップページ | バレエの夕べ »

コメント

ことばは懐旧復古を叫ぶほど
反骨躍動していくものかも知れません
白川静の死は私に何か寂寥をくれました
海老名にヴィーナ
それなら 登戸にヴォリート
鶴川にトゥルッカー
座間はひっくり返してマザー・・・
ま、元気なのが日本語でいいでしょう

投稿: ryuzoin2 | 2006.11.08 23:22

白川静先生の死はわたしにも重くのしかかってきます。
マンションの名前などもあいかわらず英語、欧語ですね。
うちのそばにあるのは、レーベン・シュロス(生活の城)、
モンターニャ・トワレ(屋号の「山三」から)、いったい
どこの国かと思っちゃいますね。

投稿: ripple | 2006.11.09 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/12609273

この記事へのトラックバック一覧です: NOCTY:

« 秋の小菊 | トップページ | バレエの夕べ »