« 気になるリンゴ | トップページ | ヒメノサイ »

2006.10.21

多摩区民祭

午後臨時休業し、生田緑地の「多摩区民祭」に出かけた。緑地に向かう道は自転車と人でいっぱい。歩いていって正解だった。生田緑地にはところ狭しと出店がでている。きょうは岡本太郎美術館も無料だというので、まずはそちらに向かった。開設以来もう5年以上たっているのに、わたしは入ったことがなかった。「太郎の夢」という川崎銘菓は何度も食べているのだが。

Kuminsai01
美術館前の池に置かれた作品「樹霊」

美術館はほとんどが地上に出ていないので分からなかったが、とても広くて大きい。そこに、油絵、デッサン、彫刻、焼き物などの作品が上手に展示されていた。ほとんどが抽象画、抽象像なので、何がなんだか分からず、見ているうちに頭が混乱してくる。わたしはもっぱら色彩の取り合わせの美しさを楽しんだ。それにしても、赤、黄、青、緑、黒と原色をこれでもかと塗りたくった抽象画は疲れる。「子供の樹」なんかがよかったかな。

それから、いろんな店を見てまわった。のぼりとゆうえん隊はおにぎりとマフィンの店を出していたが、とっくに売り切れだった。そこで本格インドカレーを食べることにした。インドパンのナンを壷で焼いて、あつあつのチキンカレーをすする。これはうまい。焼きそばも食べた。とにかくいろんな店がある。こどもにウグイス笛の作り方を教えているところもあった。なぜか、安さにひかれてアジの干物を3枚買ってしまった。

Kuminsai02
本格壷焼きナン(カレー店の前で)

Kuminsai05
うぐいす笛の製作実技

中央の舞台ではたくさん出し物があったようだが、わたしたちが行ったころはもう最後で、明大生のテコンドーの妙技と、中高年の合唱を聞いただけだった。日本民家園も入場料は無料で入り口のそばでは骨董市をやっていた。プロが店を広げていて思いのほか値段が高い。目の保養だけで楽しんだ。よく歩いたので、くたびれた。

Kuminsai03
明大生のテコンドーの演武

Kuminsai04
混声合唱団

Kuminsai06
骨董市

« 気になるリンゴ | トップページ | ヒメノサイ »

コメント

楽しそうですね。岡本太郎美術館も行った事もありません。
抽象絵画等で訳が判りませんが、、面白そう・・・
最後の骨董市が見たかったな~
今日一日だけのようですね。見せて頂いただけで
充分楽しませて頂きました。有難う御座いました。

投稿: sakura | 2006.10.21 19:46

ここの日本民家園もいいですよ。日本中の古民家を集めて
展示しています。一周するのに1時間半ぐらいかかります。
なつかしい土間、かまど、囲炉裏の臭いなどが郷愁を誘います。
月曜が閉館だと思います。岡本太郎美術館と民家園は、
文化の日も無料になると思います。一見の価値はありますよ。

投稿: ripple | 2006.10.22 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩区民祭:

« 気になるリンゴ | トップページ | ヒメノサイ »