« 秋のバラ苑 | トップページ | 乳がんの術後痛 »

2006.10.30

1日5粒

Ginnan2

先日、登戸稲荷神社で拾った銀杏の実を5日ほど水に漬けてふやかし、ビニールの手袋をして皮を剥き、1週間ほど天日に干したら、白いぎんなんの種がとれた。これをきのうから食べ始めている。ほろ苦いが不思議な甘さもあって美味しい。

大人でも一日5粒ぐらいがいいと聞いている。そこで封筒に10粒入れ、これを1分ほど電子レンジにかける。封筒の中でパンパンとぎんなんが弾けて皮が割れる。封筒は何度でも使える。白い皮を剥くと、濃緑色のぎんなんが出てくる。ゴムのようなプニュプニュした食感があるが、これがなかなかいける。

電子辞書の「食の医学館」をひくと、カロテン、ビタミンC、カリウムが豊富とある。カリウムは、とりすぎたナトリウムを排出するから血圧上昇を防ぐ。したがって、高血圧の予防に有効である。また、ぎんなん特有の成分にギンコライドというのがあって、血栓を防止して生活習慣病を予防するほか、脳のはたらきを活性化し、ぼけを予防する。などと書いてある。

漢方では、滋養強壮、咳止め、喘息の改善に用いられるという。膀胱をあたため、尿意を抑えるため夜尿症や頻尿の治療にも使われる。やはり、毎日5、6個がよいとされている。

« 秋のバラ苑 | トップページ | 乳がんの術後痛 »

コメント

一日5,6個、、出来るだけ食べるようにしなくっちゃ・・・

先日陽気堂さんを紹介した友人はやはり
あまりにも陽気堂さんの所は遠いので通うのは
無理と言ってこられました。
今近くで通っている所ではマッサージと電気を当ててもらっているそうです。針は断っていたそうですが、私が送った針治療を読んで
これから針もやってもらう事にしたそうです。
早くよくなって欲しいです。

投稿: sakura | 2006.10.31 10:47

お声をかけていただいて、ありがとうございました。
針治療で一人でも多くのかたが楽になるといいなと
思っております。

ぎんなんは、意外と食べやすく、おいしいですね。

投稿: ripple | 2006.10.31 12:12

今日のニュースで針のツボを
世界で統一する様な事を言っておりましたが
そんな事を決められるものなのでしょうか?
人によってツボも違うのではないのですか?
よく判りませんがどうしてその様な事を
決めなくてはいけないのでしょう?

投稿: sakura | 2006.10.31 19:32

おっしゃる通りです。つぼは人によって少しずつ
その位置が違います。筋肉の発達ぐあいや、神経の
位置、骨格の違いなど微妙に違うものです。

ツボの表現や言語、大まかな位置は統一しないと、
医学論文がわかりにくいので「統一」するという
意味ではないでしょうか。もっとも、奇穴といって
随所にツボがあるので、整理しようということも
あるのかもしれません。

投稿: ripple | 2006.11.01 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日5粒:

« 秋のバラ苑 | トップページ | 乳がんの術後痛 »