« 手術後の痛み | トップページ | ウコンとローズマリー »

2006.10.03

カギがつまめない

Yubi0140歳ぐらいの男性が、右手の指が痛いといって治療にみえた。車のキーを持つだけでも痛く、エンジンをかけるときズキンとくるらしい。要するに、親指の腹を人差し指の腹につけて力を入れると痛い。あるいは、親指の腹を人差し指のわき腹につけて力を入れると痛いというのである。(写真左)

カウンターストレインの治療では、痛いほうとは反対方向に、痛みの取れる方向にもってゆけばいい。そこで右手の親指と人差し指でものをつまむという動作を分解してみた。やってみると、親指はその根元(拇指球)あたりで、右側から左側に移動する。解剖学用語でいうと、第1中手骨を左にあおるように動く。それから、親指の腹を相手側に押し付けるために拇指球のすぐ上の関節を屈曲しようとする。この二つの動きが合わさって、カギを持つという動作を行い、これが痛いというのである。

指の関節を痛い方向とは反対方向にもっていけばいいのだから、まず、親指の第1中手骨を外側に倒し、さらに巻き起こすようにする(写真2)。つぎに、親指の第1中手基節関節をそらして伸展してやればいい(写真3)。これをそれぞれ自然な力で3分くらい固定し、ゆっくり戻したら、指の痛みは半減した。もう3分ほど繰り返すと、さらに痛みは軽くなった。帰りに治療室のドアのカギをまわしてもらったが、もう痛くないという。これを毎日自分でやるように伝えて、治療を終了した。

Yubi02 2    Yubi03

« 手術後の痛み | トップページ | ウコンとローズマリー »

コメント

人間ありきの症状
症状こその治療という
当たり前のような
哲理の深さに感服 
全てにツウヅルモノだと思います

投稿: ryuzoin2 | 2006.10.03 23:15

̒私の痛いところに近い話があると
じっくり読んじゃいます。
3の画像のように、ペタッと手のひらをつくのが
ダメなのです。腕立て伏せとか、イタッ(^-^;A
今度は右手首・・・まさか恐怖の○○肩???

投稿: lily | 2006.10.03 23:19

★ryuzoin2さん、
書き込み、ありがとうございます。
からだは何か理由があって、関節をある方向に
もってゆくと痛み、その反対方向にもってゆく
と痛みが消えます。痛みが消えるほうにもって
ゆき、しばらくじっとしているとからだが満足
して、痛いほうにもっていっても痛くない。
からだに聴いて、からだが満足することをやっ
やればいい。いい治療でしょう。(^-^)

★lilyさん、
ぺたっと手のひらをつくのが痛いのは、手首の
関節をそらすのが痛いわけですね。ねんざかな
んかで瞬間的に強い力が手首をそらすほうにか
かり、それを防ごうと安全装置がはたらいて、
からだは手首を曲げるほうの筋肉を緊張させた
のでしょう。べつの理由かもしれませんが、
からだは何か理由があってそらすことを嫌がっ
ているのです。

その場合は、手首を痛くない
程度に曲げてあげればよいでしょう。そのま
ま3分ほどじっとしていて、それからゆっくり
1㎜ずつもどすと、手首が自由に動くように
なります。お試しあれといいたいが、一度み
せてください。(^-^)

投稿: ripple | 2006.10.04 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カギがつまめない:

« 手術後の痛み | トップページ | ウコンとローズマリー »