« 登戸神社のお祭り | トップページ | かゆい »

2006.09.03

やつれカワセミ

いっしょにYOKOHAMA-WALKERに紹介されていた更科に行って天せいろを食べた。1,050円にしてはボリュームがあっておいしい。天ぷらもエビだけでなく、ナス、シシトウ、カボチャ、マイタケなどがあるのがいい。わたしは160円増しのダッタンそばを食べたがなかなか腰があっておいしかった。たれも濃すぎずちょうどよかった。ただ、厨房にはおばちゃん一人しかいなかったので大変そうだった。

暑いのに野川に出かけた。暑いときは野鳥は少ないのだが、なんとなく行ってみくなったのだ。コサギ、セグロセキレイ、それにカワセミを見た。子供は飛び回っていて写真が撮れなかったが、やつれたカワセミの親を見つけた。くちばしの下がオレンジ色をしているのでメスだろう。三番子まで産んだのでかなり体力を使い果たしたようで、痛々しくさえ見える。しかし、暑い。マニアは一日張っているらしいが、われわれはほどなく退散した。

Kawasemi901
子育てでやつれぎみのお母さんカワセミ

野鳥が少ないので花の写真を載せておこう。最初は藤の花の返り咲き、次は菊芋、最後はアカマンマ。

Fuji

Kikuimo

Akamanma

« 登戸神社のお祭り | トップページ | かゆい »

コメント

見慣れた風景だと思ったら今朝私が歩いた所のようです。
藤を写しましたが逆光ではrippleさんの様に綺麗に写せませんでした。カワセミのお母さんが可哀相にやつれていますね。
でもよく写されましたね。そりゃ~400mmですものね。

カワセミ母さん
大丈夫?
立派になった子供達
一人で餌捕りやってます
もう心配はいりません

投稿: sakura | 2006.09.03 16:35

どこの世界でも子育ては、大変なのですねー

投稿: ハチミツ二郎 | 2006.09.03 18:52

こんばんは~♪
sakuraさん、五行歌すごいですねぇ(^^)/
私より沢山詠んでいらっしゃる~(笑)
カワセミ母さんが、やつれているのがお二人とも
お分かりになるのですね。
そう言えば、下半身が細い?これはもともとですね。

投稿: なっちのママ | 2006.09.03 19:42

★sakuraさん、

このくちばしで
何度も何度も
小魚を
運んだのだ
カワセミの母親

★ハチミツ二郎さん、
母は偉大ですね。

★なっちのママさん、
ふつうは丸々太ってころころしているように見えます。
胸や羽の色にも精彩がありません。目も疲れ気味のようです。

投稿: ripple | 2006.09.04 09:13

かわせみ、わが身はやつれても子を育てる、少し崩れている人間社会、やはりこれが母の姿のでしょうか・・
かわせみは実物を見たことがありませんが、もう少し太っていたような・・・


藤の返り咲き、家では紫陽花の「墨田の花火」が今満開に咲いています、五月ころ一枝咲いただけでしたが、今になって咲いています。

**

右に 左に
風に揺らされる
藤の花
恋うるこころは
身動ぎしない

ひと際目立つ
黄色い花
恋占いするなら
スキで
終わらせて

しなやかな
紅穂
アカマンマ
揺れる想い
抱きしめて

写真の花三種歌にしてみました。

投稿: 美伊奈栖 | 2006.09.04 22:46

美伊奈栖さん、すてきな歌をありがとう。


この年の恋は
狂い咲き
返り咲き
ままよ
なんとでも言え

キクイモの
あざやなか
黄色が
どこへ行っても
君を見ている

おままごとの
お赤飯は
たいてい
アカマンマ
だったような

投稿: ripple | 2006.09.05 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やつれカワセミ:

« 登戸神社のお祭り | トップページ | かゆい »