« 彼岸の入り | トップページ | キンモクセイ »

2006.09.21

チアリーダー

インターネット経由で新患が3人みえた。2人は腰痛だったが、ひとりはチアリーディングをやってる若い女性で、右手がしびれるという。整形外科で頚椎5番の椎間板ヘルニアがあると診断され、牽引治療をしている。チアリーディングは激しいスポーツだ。カウントに合わせて組み体操のようなことをやる。「人が降ってくるんですよ」というが、とくに下になるものは上の人の体重を支えなければならないから大変だ。

ボディクッションにうつぶせになってもらい、上部胸椎のわきに細い針を刺していく。3本目ぐらいで「手のしびれはどうですか?」と聞くと、「軽くなってきました」という。針で上背部をほぐすと、手のしびれはほとんどなくなった。整形外科では首を重視するが、カウンターストレインでは上部胸椎を重視する。なぜなら、胸椎1~5番から出る交感神経が腕の血管の収縮に関与しているからだ。実際、上部胸椎に針をするとしびれが和らぐ。

それから、腕神経叢に細い針をして低周波をかけた。さらに頚椎の矯正を加えた。胸鎖乳突筋や斜角筋をカウンターストレインでゆるめると、しびれはきれいに取れた。まだ、あちこち傷めているらしいが、治療の方向はこれでいいようだ。効果がてきめんで、治療のしがいのある患者だった。

« 彼岸の入り | トップページ | キンモクセイ »

コメント

インターネットで新患者さんが三人も・・・
良かったですね。
それに治療効果てきめんで何よりでした。
先生すごい!

投稿: sakura | 2006.09.22 21:45

ネット経由の
患者さんは
若い人が多く
治りが早い
ように思います

投稿: ripple | 2006.09.23 17:39

ネット経由の
患者さんは
若い人が多く
先生の気が沢山出て
治りが早いとおもいます

投稿: sakura | 2006.09.23 21:11

若い人は
自然治癒力がつよいのです
年をとってくると
知識や経験は増すけれど
回復力は劣ってきますね

投稿: ripple | 2006.09.24 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チアリーダー:

« 彼岸の入り | トップページ | キンモクセイ »