« 9.11 | トップページ | 指先のしびれ »

2006.09.13

チョコレート

Halleberry_l雨なのでビデオを借りてきた。DVDで『チョコレート』なるアメリカ映画を見たが、タイトルが暗示するほど甘くなく、かなり苦い映画だった。オスカーを取った黒人女優ハル・ベリーが美しかった。

祖父、父、息子、と三代にわたる刑務所の刑務官の父が主人公。人種差別のつよい地域である。息子が自殺したあと、父は、電気椅子で処刑された黒人の妻とだんだん親しくなっていく。そして、ある日、黒人女は相手が自分の夫を処刑した刑務官であることを知る。こわくはないが、やたらと哀しい映画である。夫婦とは、親子とは、人間とは、・・・


« 9.11 | トップページ | 指先のしびれ »

コメント

やたらと哀しい映画。
夫婦とは、親子とは、人間とは、・・・
伺うと見たいような でも悲しいのは
ゴメンな様な・・・

投稿: sakura | 2006.09.14 15:58

ハッピーエンドではないけれど、
一見の価値はありますよ。

投稿: ripple | 2006.09.14 16:30

秋になったからか最近は読書と、映画が見たく
なってきました。
下の「白いカラス」も見たいです。アンソニー
ホプキンスは好きな男優さんです。
一番好きな作品は「日の名残り」次が「永遠の
愛に生きて」です。女優さんではエマ・トンプソンが好きですね。
私は重いものが好きです。「チョコレート」、不思議な
タイトルですが、探して見ます。でもDVDがないな。

投稿: なっちのママ | 2006.09.14 17:57

日の名残りもいいけど、永久の愛に生きて、は最高ですね。
笑っちゃうほど生真面目で、「らしい」俳優ですね。
ちなみに、「ショコラ」もいい映画ですよ。
チョコレートはDVDだとワイドすぎて上下がかけます。
ビデオテープのほうがおすすめです。(^-^)

投稿: ripple | 2006.09.14 19:22

「X-MEN」のハル・ベリーとは対照的ですが、「チョコレート」の彼女もいい感じでしたね。かなしいひととは会いたくも~ない♪と井上陽水が昔歌っていましたが、哀しい現実のひとつも負っている人間には、ただ哀しくて救いのない映画など見たくもないものです。でもぼくはこの映画を見終わってとても優しい気持ちになりました。いい映画だと思います。
刑務所流れ?でぼくのおすすめは「この森で、天使はバスを降りた」という映画です。

投稿: E・G | 2006.09.14 20:06

「チョコレート」はまだ観たことありません。
重たいものでもおすすめなのですね。
「ショコラ」は大好きですけれど(*^o^*)
E.Gさんのおすすめの
「この森で天使はバスを降りた」は
さいごに悲しいけれど
あったかい涙でいっぱいでした。
でも、なんでっていう悲しさがいつまでも残る。
もういちどそこからやりなおしたいって
思うような。

投稿: lily | 2006.09.14 23:42

E.G.さん、はじめまして、
おっしゃるように、哀しみのなかにどこか
救いのある映画がいいですね。人はみな
悲しみを抱えているから、共感して安心
するけど、どこかに希望がある。
刑務所映画ではグリーンマイルがありますが、
あれはこわかったなあ。

lilyさん、
アメリカ南部はまだアメリカの恥部のような
ところがありますが、白人、黒人だけでなく
人間を描いているいい映画です。

投稿: ripple | 2006.09.15 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/11890610

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート:

« 9.11 | トップページ | 指先のしびれ »