« 岩崎良美と布施明 | トップページ | 不満と感謝 »

2006.09.27

ほほえみのほとけ展

岡倉俊彦さんが鎌倉の宝戒寺で「ほほえみのほとけ展」というのやっているというので、雨の中出かけていった。鎌倉の駅ビルの2階で、わたしは海鮮丼、京子は鎌倉御膳を食べて、腹ごしらえをした。八幡宮の鳥居の右を行ったところだが、雨がつよかったのでタクシーを使った。運転手さんが「宝戒寺」は萩寺として有名です。ここは白萩です」と教えてくれた。

Okakura05

Okakura04

Okakura06

境内に入ると、なるほど白萩が満開で、ところどころ紅萩が見られた。白い曼殊沙華もきれいだった。本堂の地蔵尊にお参りをしてから、改築された客殿に向かった。岡倉さんは本を買ったお客さんに、ひとり一人にサインをしていた。岡倉さんと会うのは8年ぶりぐらいだろうか。向こうも驚いていた。ヴィパッサナー瞑想の友達である。

客殿にはかわいい絵が並べられていた。額に入っているものもあれば、屏風に描かれたものもある。みんな小坊主さんがほほえんでいる絵だ。感謝、感謝、合掌とある。小石に絵顔を描いたものも、石を彫ったものもある。心筋梗塞で臨死体験をした人ならではの優しい絵が並んでいた。わたしも30日の日めくり帳と絵本、それに一筆箋を3種買った。

強い雨のあと
ゆっくり
ゆっくり
頭をもたげてゆく
白い萩

Okakura02

Okakura03

そこを辞して、鶴岡八幡宮に向かった。雨はもう上がって日が差してきた。途中、鎌倉シャツの店によって、一着買った。サービスのコーヒーがおいしかった。八幡宮の舞殿は工事中だった。大雨が降ったせいか参拝客も少なめである。

Okakura10

Okakura09

それから小町通りを散策した。味見をさせられて、これはうまいととろろ昆布を買ったり、16本骨の傘が1050円だというので2本買ったり、鳩サブレでお饅頭を買ったりして、かえりの荷物がふくらんだ。中身がチョコレートのコロッケを食べている女の子を見たが、作るほうも作るほうだが、食べるほうも食べるほうだ。

Okakura11

Okakura12

帰りは江ノ電に乗って、湘南の海を見ながら帰途についた。

« 岩崎良美と布施明 | トップページ | 不満と感謝 »

コメント

いいお顔の絵葉書ですね。
人間も動物もみな友だち。

投稿: ハチミツ二郎 | 2006.09.28 21:16

鎌倉は何時行っても新旧混同処ですね。
関心と落胆、人生の縮図
歩く度 下観て感動 上観て現実

投稿: 10月のマルコ | 2006.09.28 23:04

ハチミツ二郎さん、
坊主の顔がいいでしょう。なぜ丸い頭じゃないのと
聞いたら、個性が出ないからだと笑っていました。
人間も花も鳥もともだち、感謝!!!

10月のマルコさん、
いまも修学旅行の生徒さんたちが多かったですよ。
今昔混交ですが、歩いていると面白い店があったり
して、やはり楽しい街ですね、鎌倉は。(^-^)

投稿: ripple | 2006.09.29 09:44

良い一日をお過ごしになりましたね。
毎年友人とrippleさんが今日お歩きになった
鎌倉のコースをよく散策します。
とて良い所ですね。何時も何か発見があり好きな街です。

岡倉俊彦さんの『ほほえみのほとけ展』
いい絵ですね。心が和みます。有難う御座いました。


投稿: sakura | 2006.09.29 13:45

鎌倉は本当にいつ行っても新しい発見のある街ですね。
鶴岡八幡宮の源平池にはカワセミがいましたよ。びっくり!
鎌倉駅の駅ビル2回は穴場ですよ。おいしい和食屋さんが
三軒あります。刺身、てんぷら、それにうどん屋さんです。
一度、三途の川を渡りそこねた人の絵は、澄んでいますね。

投稿: ripple | 2006.09.29 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほほえみのほとけ展:

« 岩崎良美と布施明 | トップページ | 不満と感謝 »