« つばめの巣 | トップページ | 人生五十年 »

2006.08.11

パニック障害

若いときに交通事故をやり、背中を強打した。そこが今でも重く、うずく。脳脊髄液減少症という病気がある。髄膜に穴が開いて脳脊髄液が漏れていると、わけのわからないような不定症状が出るという。めまい、不安、動悸、頭重感、などだ。わたしにもこうした症状があるので脳脊髄液減少症の可能性もある。しかし、その治療法はブラッドパッチといって、自分の血液で脳脊髄液の漏れをふさぐ方法で、成功率も6割あまりとあまり高くない。

もうひとつ、パニック障害という病気がある。パニック障害というのは、パニック発作をくり返す病気である。パニック発作は、なんの前触れなく突然あらわれ、だいたい数十分でおさまるのが特徴である。つよい不安感、死ぬのではないか、気が狂ってしまうのではないかなどと感じる。同時に、動悸・呼吸困難・過呼吸・めまい・発汗・ふるえ、などの体の症状があらわれる。夜中寝ている最中、運転中、雑踏の中、満員電車の中など、どこでも起こる。一度起こすと同じ場所に行くのを避けたり、また起こるのではないかと不安になったり(予期不安)する。わたしの症状は、こちらにもかなり近い。

こんな症状が出るようになってから、かれこれ十年以上になるだろう。男の更年期ではないかと思って、男性ホルモンのチェックもしてみたが異常はない。脳神経外科でCTを撮ったり、胃カメラや大腸内視鏡の検査をしたり、ホルター心電図をつけたり、心エコーや腹部臓器のエコーをかけて、徹底的にからだの検査をした。それでも異常はない。しばらくは降圧剤も何種類かのんだ。鍼灸治療をしてもらうと、背中がらくになるが、残念ながら一時しのぎになってしまうのは否めない。

今年の6月、インターネットで調べて、新しい心療内科に行ってみた。初診に45分ぐらいさいてくれて、じゅうぶん話を聞いてくれた。それで、パニック障害に間違いないと診断され、SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)と2種類の薬を併用して治療していこうということになった。あれから2ヶ月近くになるが、体調が非常によいくなった。めまい、頭重、動悸、不眠、発汗などものとんど消えた。毎朝、20分ぐらい歩いているせいか、血圧も下がり、脈も60代に落ち着いた。とうぜんのことながら、医者の腕にはそうとう差があるなと再認識している。

ちなみに、パニック障害については「NPO法人:全国パニック障害の会」がくわしい。

« つばめの巣 | トップページ | 人生五十年 »

コメント

難しい病気をお持ちのrippleさんとは全く存じませんでした。お元気で活躍なさっておられるのですから・・・

若い頃に交通事故に遭われたそうで大変でしたね。
くれぐれもご無理をなさいません様にお大事に・・

投稿: sakura | 2006.08.11 19:46

そうだったんだ。大変な持病を持ってるんだね。
家の家系は心の病気か多いの。

わたしね、時々、私の乳がんの方が楽だなって思う。
だって6年前に手術した後、体も心も元気だもん。

私の父も80歳まで整体指圧師だった。今八十三歳。
この父に、術後3ヶ月間毎日、浮腫が出ないように、リンパマッサージしてもらった。しあわせだったな。
rippleさん、人の為になる良いお仕事してるね。

投稿: 愛子 | 2006.08.11 22:22

★sakuraさん、
交通事故はひどかったけど、若いうちはなんの症状も
出ませんでした。厄年あたりからですね、うづくよう
になったのは。でも、健康に関する仕事をしていてよ
かったなと思っています。

★愛子さん、
パニック障害はあまり人にはわかってもらえない
つらい病気ですね。それでも、いまは副作用の少ない
薬が出てきて、らくに治療ができます。ただ、治療の
成否はお医者の腕によるところが大きいと感じました。
家系的には高血圧が問題ですね。(^^)

投稿: ripple | 2006.08.12 08:46

そうだったのですか。初めて知りました。
不慮の事故には抗いようがありませんものね。
うちの主人も、若いときに事故にあったり、
くも膜下出血を患ったりして、両方の後遺症に
最近まで苦しみました。
夫婦は運命共同体ですから、奥様も心配なさった
でしょうね。
良いお医者さまに出会えて良かったですね\(^o^)/

投稿: なっちのママ | 2006.08.12 09:51

電車に乗って冷や汗たらたらだったり、とつぜんめまいを
起こしたり、胸が苦しくなったりで、女房には本当に心配
をかけてしまったなと思います。感謝しています。

投稿: ripple | 2006.08.12 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害:

« つばめの巣 | トップページ | 人生五十年 »