« 石段のぼり | トップページ | 坐骨神経痛 »

2006.08.05

ヒグラシの大合唱

Minminzemi午前4時ごろ、ヒグラシの大合唱で目が覚めた。きのうは気がつかなかったから、きょうが初日だろう。カナカナカナという寂しげな鳴き声も大合唱になると、大きな渦のうねりのように聴こえる。それが5時ごろになると消えて、こんどはミンミンゼミ(写真左)に変わる。

5時ちょっとすぎに散歩に出たら、生田浄水場の南側の山の手あたりで、ミンミンゼミの大合唱を聴いた。たまたま近くの気に止まっているのを写真に撮った。こんな小さいセミが体中を震わせてあんなに大きな音で鳴くのだから不思議である。短い生命を必死に生きているを感じる。ヒグラシもミンミンゼミは木と同化してしまうので見つけるのが難しい。

きょうは生田浄水場の裏の寒谷さぶやとに入り、奥まで上ってから左側の山を上り、「生田ふれあいの森」を通り、それから学校道を土渕不動院まで降りてきた。不動院の管理人さんがきのうの盆踊りのあとを掃除していた。「長い時間踊ったから足が痛いよ」と笑っていた。

じつは夕べ、京子と私も盆踊りの輪に加わっていたのである。私は炭坑節ぐらいしか踊れないから、もっぱら村の人たちとおしゃべりを楽しんだ。60歳を過ぎてもマラソンをやっているという元気なおじさんに遭った。ホノルルマラソンも完走したそうである。元気な人がいるものだ。その人が以前新聞に載った私の五行歌を見てくれたという。感激しましたよ、だって。嬉しいね。

Bonodori1

Bonodori2

そして、今夜もまた盆踊りに行ってきた。京子は思いのほか早く浴衣を着ることができた。わたしも、最初からよく踊った。知らないところは前後の人の真似をして、同じのを2、3回もおどればなんとか曲に乗れるようになった。東京音頭、チャンチキおけさ、手拭音頭などを覚えた。来年は練習会にでも出席するか。歌の文句じゃないが、見るだけより踊るほうが何倍も楽しい。


« 石段のぼり | トップページ | 坐骨神経痛 »

コメント

お喋りをするという事は又 そこから話に花が咲いて
色々広がっていき五行歌の話になったのでしょう・・・
良かったですね。
人と会っても何も話さなかったらそれまで、、
でもripleさんはきっと話しやすい方なのでしょうね。

投稿: sakura | 2006.08.05 15:18

たまに逢う人と話をするのは楽しいですね。
無意識にたまっていた気が回ります。
みんなで気を循環させることが大切だと
思います。エネルギーの交流ですね。

投稿: ripple | 2006.08.05 15:41

毎日暑いですねー、湿気もあるし。

でも、ニッポンの夏らしい夏。
こうでなくちゃ

投稿: ハチミツ二郎 | 2006.08.05 22:13

同感です。夏は暑いにかぎる。汗だくになって動き
シャワーを浴びてキューッとビール。ちょうど枝豆
が採れ始めました。

投稿: ripple | 2006.08.06 08:53

今更なんですが、写真のセミはきっとニイニイのはず…。

投稿: tomo | 2007.03.21 01:42

tomoさん、
コメントありがとうございます。
ヒグラシとニイニイゼミはよく似ています。
ヒグラシのほうが一回り大きいですね。
これは野川の桜の木に止まっていたもので
写真をとったときはヒグラシの鳴き声だらけ
でした。ネットで調べてみましたが、
ヒグラシに間違いないように思います。

投稿: ripple | 2007.03.22 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/11278326

この記事へのトラックバック一覧です: ヒグラシの大合唱:

« 石段のぼり | トップページ | 坐骨神経痛 »