« 雨の横浜 | トップページ | 濡れる雨 »

2006.07.20

指のしびれ

ピアノの先生が治療に来た。60代の女性で、両手の指先がしびれるという。大学病院でMRIを撮ってもらったら、首のところの頚髄が狭くなっているという。肩こりは10年来のものだが、3ヶ月ぐらいまえにペットが後足を悪くし、それを両手で持って中腰で毎日散歩させていたのが原因ではないかという。腰もふらふらするらしく、大腿前面に力が入りにくいという。お医者さんの診断は、変形性頚椎症、脊柱管狭窄症とある。握力は左が18、右が28しかない。

まず背中と腰を優しく揺すってゆるめ、上部胸椎に針をして上肢の血行をよくする。それから腰椎に針をして下肢の血行をよくする。それから肘に針をして低周波をかけ、手の痺れをゆるめる。これでだいぶ症状がらくになったようだ。あとはカウンターストレインで胸鎖乳突筋をていねいにゆるめた。頚椎7番が前屈しているのだ。それに、腕神経叢に細い針をする。これで歩き方もだいぶシャンとしたし、手の痺れもとてもらくになった。だいぶ時間がたっているから、週一で3ヶ月ぐらいは治療するようだろう。

いま整形外科で首の牽引をしているが、ほとんど効果がないらしい。首の牽引ではしびれが悪化するケースも報告されている。脊髄が椎間板で圧迫されているのかもしれないが、手術しなくても、姿勢をなおしたり、骨の変位をカウンターストレインで矯正したりすればらくになると思う。時間がたつと自然に治るという報告も少なくない。あせらず時間をかけて治療してゆこう。

« 雨の横浜 | トップページ | 濡れる雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指のしびれ:

« 雨の横浜 | トップページ | 濡れる雨 »