« 等々力渓谷 | トップページ | ノウゼンカズラ »

2006.07.13

ワルナスビ

Warunasubi

散歩していると、つつじの植え込みの陰からナスの花に似た花が出ている。ナスの花はもっと紫色だし、葉っぱも楕円形だ。ネットでしらべるとワルナスビという植物だと判明した。葉にも茎にも棘があり不快だからこの名前がついたという。オニナスビ(鬼茄子)とも呼ばれるらしい。北米原産で、昭和初期にヨーロッパから帰化し、荒地などにはびこるやっかいな雑草である。帰化植物は生命力が強いね。ちなみに、ワルナスビと命名したのは植物学者・牧野富太郎博士だという。

人間にとっては
わるナスビ
でも神様の作品
なにか役割が
あるにちがいない


« 等々力渓谷 | トップページ | ノウゼンカズラ »

コメント

私も植物学者・牧野富太郎博士の書かれた
ワルナスビを読みました。それで他所のブログに
このワルナスビはヤクザものです。と書いて
それはひどい事を言われる。と
コメントに書かれてしまいました。
うっかりと、うけうりは出来ません。

投稿: sakura | 2006.07.14 11:54

確かあたしのパソコンの中にもわるなすびいたような気がする。
後で探してみようっと。結構夢中になってた時期があったんだ。

投稿: 愛子 | 2006.07.14 13:21

★sakuraさん、
人間のつごうで、こいつは根っこが強くて
「わる草」だなんていうけれど、何か意味が
あってこういう草が生えているんだろうなと
思います。

★愛子さん、
ワルナスビ、よく見ますね。ふてぶてしいな
とか、たくましいなとか、感じています。

投稿: ripple | 2006.07.14 13:37

ワルナスビだなんて可哀想な気がします。
初めて見た時は「可愛い」と思いました。
お友達に聞いたらワルナスビだと・・
やっかいな存在なんですか~、辛いですね。

投稿: なっちのママ | 2006.07.14 18:28

なっちのママさん、

どんなに
ひどい名前を
つけられても
どこ吹く風
花は淡々と咲く

投稿: ripple | 2006.07.15 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/10930327

この記事へのトラックバック一覧です: ワルナスビ:

« 等々力渓谷 | トップページ | ノウゼンカズラ »