« 平常心 | トップページ | 山萌える »

2006.04.16

ねんざの後遺症

50代の女性。ひざの治療をしてだいぶよくなったが、右ひざの後ろの痛みが取れないという。ふくらはぎの外上端あたりが痛むらしい。ふくらはぎの筋肉は、ひざの裏から始まり、アキレス腱を介してかかとに付いている。ひざの裏から始まるのに、ひざの動きにはあまり関与せず、もっぱら足首を底屈させる。たとえば、爪先立ちなどのときに使う筋肉である。

Talそこで足関節を検査すると、案の定、足首の前内側につよい圧痛点が見つかった。これは距骨きょこつの圧痛点で、足首の内反および内旋変位があることを示している。足首の捻挫ではこのタイプが多い。治療は変位を誇張してやればいい。つまり、足首を内反させ、さらに内旋させる。そのまま2分ほど固定し、ゆっくりゆっくり戻せばいい。これで、ひざの裏の痛みがいっぺんに楽になった。ねんざの後遺症があったらしい。ひざの裏の痛みが足首の治療で治った面白い症例なので、ここに記録しておく。

« 平常心 | トップページ | 山萌える »

コメント

両足首、捻挫も剥離骨折もしているので
とっても興味深いです。
正座ができないから、固くなってますよね。
あったかくなったら先生のとこにいきたいと(^-^;

投稿: lily | 2006.04.16 20:28

そういえば、四十肩の治療しかしていませんでしたね。
からだは捻挫などのショックを覚えていて、無意識に
そういう動きを防ごうとします、危険は去ったのに。
その異状緊張を解いてあげればいいのです。
古い捻挫でも治る可能性があります。
もちろん、根気よくストレッチをしてもいいでしょう。

投稿: ripple | 2006.04.16 21:33

初めまして。
私は、某整形外科クリックでリハビリ業務に携わり、日々患者さんへ施術しているものです。

足関節、捻挫後遺症の治療に難渋しており、ヒントを得るためネットで検索をしておりました所、御HPを拝見致しました。(2006/4/16のブログ)

内反捻挫の治療に「足首を内反させ、さらに内旋させる。そのまま2分ほど固定し、ゆっくりゆっくり戻せばいい。」と、記載されいますが、私は内反しているので戻す意味で「外反方向へ動かす」ものだと認識してました。
なぜ、先生の治療は、さらに内反方向へ動かすのでしょうか?
お手数ですがご返答の程よろしくお願いします。


投稿: 三浦 英雄 | 2010.04.18 21:22

★三浦英雄さま、
はじめまして、コメントありがとうございます。
これはカウンターストレインという手技療法です。捻挫によって内反を起こしている足関節は、内反するのを好むけれど、外反を嫌っています。外反させようとすると、させまいとする、痛みます。内反はらくにできます。内側の筋靭帯が硬くなっているからです。

カウンターストレインではからだの望む姿勢をつくり、その姿勢のまま90秒以上静止させます。すると、足首内側の筋肉がたるむことを覚え、ゆっくりゆっくり戻していけば、その状態を維持することができます。内側が緩めば、こんどは外反もできるようになるというメカニズムです。カウンターストレインについては「陽気堂はり治療室」のホームページの左メニューをクリックすると、詳しい説明がしてあります。

http://homepage2.nifty.com/yokido/

投稿: ripple | 2010.04.19 09:08

ご返答ありがとうございます。
「カウンターストレイン」とうい手法を初めて知り、色々と調べています。実際に手技としても試そうと思います。
腰痛のカウンターストレイン手技についてご指導をお願いしたいです。
(例)腰を伸展させた時に、右腰部に疼痛あり

上記症例の治療では、腰を前屈状態で90秒以上保持しゆっくりと戻す

手技を行うときの患者の前屈体位ですが、右腰をを上にした横臥位での前屈でよろしいのでしょうか?
それとも、別の体位での前屈でしょうか?

ご返答お待ちしています。 三浦 英雄

投稿: 三浦 英雄 | 2010.05.15 22:10

★三浦英雄さま、
痛みが起こる姿勢の反対側がらくになる姿勢です。
ですから、右腰に圧痛が出る場合は左前方に屈曲
させます。この場合、カウンターストレインの
圧痛点は左前下腸骨棘(AIIS)周辺に見つかるこ
とが多いと思われます。

治療姿勢は患者さんを仰向けにし、術者は患者の
右側に立ちます。それから両膝を立て、その膝の
うらを右腕で抱えるようにしてさらに前屈させ、
自分のほうに持ってゆきます。下半身を右側に
持ってゆくことで上半身を左前方に屈曲させるの
です。そのまま90秒保ち、ゆっくりゆっくりと
もとの位置にもどしてゆきます。

参考書:
●Drジョーンズのストレイン・カウンターストレイン
http://www.joa-jco.com/joa/book/book_ippan_13.html

●Positional Release Therapy(英文):
http://www.amazon.com/o/ASIN/0815100965/kuro-box-20/ref=nosim

投稿: ripple | 2010.05.16 09:23

ご返答ありがとうございます。

私は反対の部位は、右腰の痛みに対しては右腹側と思っていましたが、左右の反対も考慮しなければならいのですね。

もし、腰を屈曲させた時に右腰に疼痛

上記、症例にはどの様な体位で治療をしたらよいのでしょうか?

度々のご質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

投稿: 三浦 英雄 | 2010.05.16 14:53

★三浦英雄さま、
ちょっと表現がざつだったかもしれません。
拮抗筋に問題があるとみればいいのです。
屈曲して右腰に痛みが出る場合、ただの屈曲だけなら
まっすぐに後屈(伸展)させればよいでしょう。
左屈曲で痛めば右後方伸展位、
右屈曲で痛めば左後方伸展位になります。

伸展は、患者さんをうつ伏せにして圧痛部位を探し、
その圧痛がなくなる方向、あるいはその部位の筋肉
がゆるむ方向にもっていきます。
ひざやひざ上を持って、下肢を持ち上げてゆくことで
腰を伸展させます。手だけで90秒持っているのは疲れ
るので、自分のひざを入れて支えるといいでしょう。
もどすとき、あくまでもゆっくりやります。
速すぎると反射がもどってしまいます。

投稿: ripple | 2010.05.16 17:05

>左屈曲で痛めば右後方伸展位、

左屈曲とは斜めへ屈曲(左つま先方向)することでしょうか?


投稿: 三浦 英雄 | 2010.05.16 23:17

★三浦英雄さま、
そうです。言葉が足りませんでした。
左前方屈曲で痛めば右後方伸展位が治療姿勢になります。
動作を文章であらわすのはややこしいですね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.05.17 09:10

ご返答ありがとうございます。

大変申し訳ございません。もう一つ質問させて下さい

膝伸展で、膝内側に疼痛

上記の症例では、単純に膝屈曲位が治療姿勢になるのでしょうか?
宜しくお願いします

投稿: 三浦 英雄 | 2010.05.18 00:11

★三浦英雄さま、
ひざと肘はひねりを加えます。
患者を仰向けに寝かせ、ひざをベッドからはずして
90度屈曲させ、足先を内旋させ、さらにひざを少し
内転させます。これで内側半月板や内側ハムストリ
ングの異常収縮をはずします。

投稿: ripple | 2010.05.18 13:59

ご指導ありがとうございます。
早速試してみます。

投稿: 三浦 英雄 | 2010.05.19 17:01

★三浦英雄さま、
ひざの痛みの場合、多くは内側半月板、側副靭帯、
ハムストリングなどの圧痛を見つけ、その圧痛が
消える方向にひざを持っていきます。からだに聴いて
らくなほうへ、らくなほうへ持っていきます。
90秒は長いですから、自分も楽な姿勢でいられる
よう工夫してください。

投稿: ripple | 2010.05.20 12:55

くこの掲示板で、カウンターストレインご指導頂き、
実践でも使わせて頂きました。
再度質問させて下さい。

①カウンターストレイン術後の効力はどの程度効くのでしょうか?私は未熟の為か数日で痛みが再発します。

②症例
腰の左側屈で疼痛

上記の症例、カウンターストレインで腰を右側屈させるにはどの体制ですればよいでしょうか?

お手数ですがご回答の返事をお待ちしております

投稿: 三浦 英雄 | 2010.08.22 22:47

★三浦英雄さま、
①ケースバイケースですが、異常緊張の度合いによる
と思われます。新しいものなら、2、3回の治療で
治ることも少なくありません。また患者の協力も大切
です。たとえば腰の場合、治療後2、3日は重い物を
持たない、無理な姿勢や速い動作をしない、など。

②側屈だけの症例は少ないと思われます。
9割近くは前屈を伴っていると考えられます。
治療姿勢は、仰向けで股関節と両膝を90度曲げます。
その一で足首を右側にもってゆけば右側屈できます。

投稿: ripple | 2010.08.23 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんざの後遺症:

« 平常心 | トップページ | 山萌える »