« ツツジ(2) | トップページ | 印象派 »

2006.04.30

セグロセキレイの子ども

おだやかな日だ。日曜なので、野川も散歩の人が多い。中州に見慣れぬ鳥がいた。が、すぐセグロセキレイの子どもだと分かった。近くに親がいて、ピーピー鳴きながら子供になにやら指図していたからだ。どうやら餌の捕りかたを教えているらしい。子どもはまだ羽の色もうすい。保護色でもあるのだろう、中州の砂利に溶け込んでしまう。

Seguroko1
セグロセキレイの子ども

Seguro1
虫をつかまえた親鳥

Seguroko2
親鳥から餌をもらう子ども

Daisagi2
菜の花とダイサギ

Kawasemi410_1
カワセミ

Hana408
ふれあい公園の花壇

« ツツジ(2) | トップページ | 印象派 »

コメント

きれい

投稿: usa | 2006.04.30 21:39

セグロセキレイの雛が親から餌を貰う所が写せるなんて
ラッキーでしたね。羨ましいです。
ナント可愛いのでしょう・・・
今日野川に出かけたら私も見られましたのに残念でした。
明日出かけて1週間ぐらいで帰れるかと思います。
又沢山 可愛い雛の写真を写して置いてください。

投稿: sakura | 2006.04.30 22:01

セキレイの子どもだったんだあ。多分見たことある。
セキレイの親は分ったけれど、一緒にいる鳥がなんだか分らなかったの。もう一回行ってみよう。見られるといいな。

投稿: 愛子 | 2006.04.30 23:06

★usaさん、
菜の花はもっと早く見かけますが、野川ではいま満開です。
ダイコンの花も白、ピンク、紫が咲き競っています。
新緑がきれいです。

★sakuraさん、
セグロセキレイは父母と2羽の子どもがいました。
親鳥が必死に訓練させていましたが、子どもはすぐ疲れて
石のかげでうずくまってしまいます。それでも、チョンチョン
尻尾を振る姿はすでにセキレイですね。色はまだだけど。

★愛子さん、
保護色なので肉眼ではなかなか見つけにくいですよ。
8倍ぐらいの双眼鏡があると手に取るように見えます。
かわいいのなんのって、拍手して応援したくなります。(^-^)

投稿: ripple | 2006.05.01 10:09

カワセミの写真素晴らしいです。
今度カメラを替える際にはデジスコを
やってみたいと思います。ただ、どうあがいても
カワセミの写真は撮れそうにもありません。
まず、最近カワセミを見たことすらありません。
富士川、沼川、興津川、赤渕川ちょっとこの辺で
見たという情報もありませんので狩野川をフィールド
にして探そうかなあ?と思っております。
昔は富士川の支流で見れたのですがねえ。それも
30年も前の事ですから…。

投稿: shin | 2006.05.02 22:16

これは建物の密集している東京の世田谷区で撮った写真です。
shinさんのところで見られないということは考えられません。
インターネットで検索すれば、かならずカワセミの見られる
場所が分かると思います。

まずは、8倍か10倍の双眼鏡で、水際の葦など、水面から
1メートルぐらいのところを探してゆきます。すると茶色の
胸かコバルトブルーの背中が見つかるでしょう。感激の瞬間
です。これがホバリングしたり、魚を採りにダイビングするのを見てしまったら、カワセミ病にかかってしまいます。
ま、野鳥の写真は根気が入ります。わたしなど、まだまだ
初心者です。(^-^)
ところ

投稿: ripple | 2006.05.03 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セグロセキレイの子ども:

« ツツジ(2) | トップページ | 印象派 »