« ツツジとサツキ | トップページ | セグロセキレイの子ども »

2006.04.28

ツツジ(2)

躑躅

どうも躑躅(つつじ)の字が気になって、学研の『漢和大辞典』をひいてみた。
すると躑躅(テキチョク)という熟語が載っていた。その意味は、

①いっては止まり、いっては止まりして、進まない。
②2、3歩いっては止まる。また、けんけん遊び。
③とんとんと足踏みする。
④木の名:つつじ。

躑:短い距離だけまっすぐ進む。擲(まっすぐ投げる)と同系のことば。
躅:立ち止まる、つまずく、つまずいて止まる。

大昔、羊がある植物を食べたら歩き方がおかしくなった。2、3歩いっては止まり、またいっては止まる。とんとん足をつく。なにかに足をつまずかせたように止まる。そこで、この植物を羊躑躅ヨウテキチョクと名づけた。それが躑躅になったようだ。

こんな字はめったに使わないが、ちょっと気になったので、あえて重箱の隅をつっついてみた。漢字の世界は奥が深い。

●実際、ツツジには一部有毒なものがある。たとえば、レンゲツツジなど。
和名つつじの由来は筒しべから来ているという説などがある。


« ツツジとサツキ | トップページ | セグロセキレイの子ども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/9814017

この記事へのトラックバック一覧です: ツツジ(2):

« ツツジとサツキ | トップページ | セグロセキレイの子ども »