« 梅林のジョウビタキ | トップページ | 肩甲骨の痛み »

2006.03.07

「五行歌」3月号投稿歌

子や孫は
街に暮らし
老いた親が
命懸けで雪を掻く
日本

シュポッ
凍るような川に
突き刺さる
カワセミ
勇気をありがとう

炬燵でまどろむ
とろけるような
ひととき
冬の夜の
小さな幸せ

何を話しても
「おかげさまで」
と答えてくる
お婆ちゃん
いい癖だなあ

« 梅林のジョウビタキ | トップページ | 肩甲骨の痛み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「五行歌」3月号投稿歌:

« 梅林のジョウビタキ | トップページ | 肩甲骨の痛み »