« らくな姿勢 | トップページ | 金柑の甘露煮 »

2006.03.25

みつまた

mitsumata

あるお宅の庭にミツマタの花が咲いていた。ふつうは淡黄色の花だが、ここのはかなり赤がつよい。なかなか華やかだ。ミツマタは枝が三つずつ分かれていくので、この名がある。三つに分かれた枝がそれぞれまた三つに分かれてゆく。まるで三叉さんさ神経みたいだ。ミツマタは紙の原料になる。この茎の皮を煮て、何度も叩いて、紙を漉くのである。その工程を思うと、手漉き和紙がおそろしく貴重だったことがわかる。


« らくな姿勢 | トップページ | 金柑の甘露煮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/9250923

この記事へのトラックバック一覧です: みつまた:

« らくな姿勢 | トップページ | 金柑の甘露煮 »