« バレリーナ | トップページ | 単騎、千里を走る »

2006.02.28

顔面まひ

2年前に顔面マヒの治療をしてかなり改善した男性が、また通ってきている。74歳。今回は左の動眼神経マヒと診断されたという。血管の異常も腫瘍もないらしい。2月10日にはじめて来たときは、たしかに左目が外側に向いてしまっていた。ものが二重に見えるという。

上部胸椎から交感神経が出て顔面を支配しているので、背中や肩まわりに鍼をした。顔面はいちばん細い鍼を浅く刺し、そのあと糸状灸をした。遠赤外線やカマヤペットで温めたり、表情筋をマッサージしたりして血行をよくするような治療をおこなった。首の筋肉もカウンターストレインなどを使ってゆるめている。

3回目の治療のあと、孫に「おじいちゃんの目が開くようになったね」と言われたそうだ。その頃から眼球も元に戻りはじめた。きょうで6回目だが、眼球の外転もほとんど分からなくなった。おととい、脳神経外科で「びっくりするほどよくなった。薬はやめましょう」と言われたそうだ。まじめな人で、週2回きちんと通ってくる。うちでは合計10回の治療を予定している。

« バレリーナ | トップページ | 単騎、千里を走る »

コメント

男性の方本当に良かったですね。
どうしてそういう病気が出るのでしょう?
この歳になると何時何が起こっても不思議ではないのですから、、
”健康第一”
陽気堂さんの所は保険は使えないのですね。

投稿: sakura | 2006.02.28 22:03

冷えと心身のストレスが原因でしょうね。
直接の原因はいろいろですが、下地に
そういうものがあるのは確かです。
保険は使えません、申し訳ありません。

投稿: ripple | 2006.03.01 23:19

その方、嬉しいでしょうね・・・。PC の見すぎで目が疲れるので、目のツボ押し、マッサージをよくします。ちゃんとツボに当たっているのか心もとないですけど。あと指先から気を送るようなことしてみたり。こっちも効いているのか今一わかりません。(^^)

投稿: チエ | 2006.03.02 11:39

目が疲れたときは、目を休ませることが一番ですね。バードウォッチングなど遠いものをみるのもいい。首の後ろ、後頭部などのマッサージも効きます。目をつぶって目にお礼を言うのもいいかもしれません。目を意識すれば、つまり目に気を集中させれば、目のまわりの血行がよくなりますから、疲れがとれ、酸素が補給され、はやく疲れが取れるでしょう。

投稿: ripple | 2006.03.02 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔面まひ:

« バレリーナ | トップページ | 単騎、千里を走る »