« ふきのとう | トップページ | 梅の香り »

2006.02.19

トリノ冬季五輪

競技も半ばを過ぎたが、日本はまだメダルを取れない。期待されたスピードスケートもジャンプもモーグルもだめ。岡崎朋美さんの4位が最高だ。いままでが良すぎたのかもしれない。ドイツ人やオランダ人、あるいは北欧の人たちは、みんな背が高く、体重もある。アメリカ人やカナダ人だって大柄だ。オランダチームの平均身長は190㎝なんていわれると、もう想像がつかない。そんな連中と渡り合うのだから、日本選手はたいへんだ。

以前、スケートの清水宏保選手が何度も金メダルを取ったが、表彰台にあがっているのに銀メダルの選手のほうが背が高かった。小柄な日本人が大柄な西洋人に勝つのは気持ちいいが、清水選手の太ももの太さを見ると涙が出る。厳しい練習を重ねていることが痛いほど分かるからだ。

ノルディック複合の日本チームは6位だったけど、じつによく頑張ったと思う。アメリカやロシアに勝っている。日本に不利なルール改定がつづくなか、ジャンプチームも健闘している。スケルトンの越選手は41歳で、11位だ。氷上を120キロで滑走するなんて、もうそれだけで頭が下がる。カーリング女子は連敗したが、強豪カナダに勝ち、優勝候補スエーデンを苦しめた。

あさってからフィギュアスケートの女子が始まる。安藤、荒川、村主、がんばれ。力まず練習通りやればいい。会場ぜんぶが自分を応援していると思って、楽しんでほしい。それぞれが美しい花を咲かせれば、それでいいではないか。


« ふきのとう | トップページ | 梅の香り »

コメント

過程が大事なのだから、
何もメダルメダルと騒がずとも
良いような気がしています。
冬季は、冬季。
夏季は、夏季なりの国が
活躍すればいいんじゃあないかと。
けれど、出場する選手の、
胸のうちまでは、こちらにはわかりませんが。

投稿: take1962 | 2006.02.19 20:12

マスコミはニュースなどを見てもらわなければ商売にならないので、
どうしても刺激的になってしまいますね。金だ、銀だとさわぐ。
おっしゃる通り過程がたいせつ、参加することに意義がある。
だけど、どこかでメダルが取れたらいいななんて思ってしまう。
ま、応援するほうは勝手なものです。

投稿: ripple | 2006.02.20 08:47

こんにちは(^^)。私はスポーツが苦手なので、昔はボールをうまく扱える人や速く走れる人に一種の嫉妬を感じてたと記憶していますが、今は熱射病にかかっても走ろうとする選手や鍛え上げられた体を持った人に感動します。あまり嫉妬しなくなったみたい(笑)。華麗な彼ら、彼女たちもつらいことを持ってるとわかったからかな・・・

投稿: チエ | 2006.02.20 13:48

日本の代表になるのも並外れた能力が必要。
そこへ断崖のような世界の壁が立ち塞がる。
気の遠くなるような練習を重ねていどむ選手。
彼ら彼女らはエライ。
カーリングを見て、ちょっと遊びでやってみたい
気になりましたけど。(^-^)

投稿: ripple | 2006.02.20 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/8736131

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ冬季五輪:

« ふきのとう | トップページ | 梅の香り »