« 2月の野川 | トップページ | ぎっくり背中 »

2006.02.06

湯たんぽ

夜が更けて、雨が雪に変わった。寒い。京子が湯たんぽを入れてくれた。数年前、羽毛布団を買うまで愛用していた湯たんぽだ。赤ちゃん用のプラスチックの湯たんぽだが、これでじゅうぶん朝まで暖かい。冷たい布団にすべり込むと、ほっかほかの湯たんぽが優しく迎えてくれた。なんというやわらかな温かさだろう。ありがたい、ありがたい。

湯たんぽの
やわらかい
暖かさに
包まれて眠る
雪の夜

« 2月の野川 | トップページ | ぎっくり背中 »

コメント

すばらしく優しい奥様をお持ちでお幸せですね。仲お睦まじい文章は読む者の心まで温かくさせてくれます。
湯たんぽのように、、、ほ~んわかと・・・・ね。

言って置きますが我が家も ほんわか夫婦ですからね。ヘヘ・

投稿: sakura | 2006.02.07 12:29

>言って置きますが我が家も ほんわか夫婦ですからね。ヘヘ・

ごちそうさま!
きょうは雪のわりに暖かくなりましたね。
sakuraさんの愛が融かせたのではないでしょうか。(^-^)

投稿: ripple | 2006.02.07 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯たんぽ:

« 2月の野川 | トップページ | ぎっくり背中 »