« 三寒四温 | トップページ | お経というもの »

2006.02.24

無欲の勝利

arakawaフィギュア・スケートの荒川静香が金メダルを取った。ショートで3位だったが、上位にいたアメリカのコーエンとロシアのスルツカヤがジャンプで転倒したため逆転した。ふたりの転倒がなくても、荒川は金メダルを取れたかもしない。それだけ、いい出来だった。トリノ・オリンピックで日本は初のメダルを獲得した。それも金。安藤は4回転ジャンプを決めたと思ったが着地で転倒。村主は情感たっぷりだったが得点が伸びず4位だった。

ショート・プログラムのときもそうだったが、フリーでも荒川は自分が高得点を取ったことを驚いていた。「メダルを取れるとは思わなかったので、びっくりした」と何度も繰り返していた。「自分のスケートをして、オリンピックを楽しみたい」と言っていたのを覚えている。長野オリンピックでは13位だったそうだ。苦節8年、一時はスケートをやめようと思ったこともあったらしいが、トリノのオリンピックで夢が花開いた。

苦労しただけあって、あまり欲を出さず、練習通りのスケートを心がけたのが勝利につながったのだろう。平常心で滑れたのではないだろうか。無欲の勝利である。上位2選手は強かったが、プレッシャーもそれだけ大きかったのだろう。滑りが重かった。世界一になる難しさ、金メダルを取ることの難しさを思い知らされたオリンピックである。

→荒川静香のフォトギャラリー


« 三寒四温 | トップページ | お経というもの »

コメント

スケートは朝早く起きて見ておりました。荒川静香 良かったですね。久しぶりの明るいニュースです。
とても優雅で自信を持っ滑っていたので安心して見られました。バンザイですね。
それに荒川静香のフォトギャラリー有難う御座います。良いのを拝見させて頂きました。

投稿: sakura | 2006.02.24 16:15

マスコミはメダルメダルと騒ぐけれど、選手は自分との戦いですね。いかに練習通り滑れるかがカギ。練習以上のものができるわけないですからね。いい意味での開き直りが好結果につながったのだと思います。

投稿: ripple | 2006.02.24 16:59

「私わしい演技をしたかった」
  ・・・・・・
という言葉が、印象に残りました。
だから、のびのびとしていたのでしょうね。

決してわがままではない「らしさ」。
この言葉は、日常のいろいろなことに
使えそうです。

投稿: take1962 | 2006.03.01 06:00

有名になったイナ・バウアーも、イナ・バウアーという人が
50年前に始めたときは足を開いて横にすべるというもの
だったそうです。それを、少し反らしてみた。もう少し反ら
せてみた。反れるだけ反らせてみた。それが荒川スタ
イルになったそうです。もうオリジナルですね。
真似を越えて独自の演技になっています。えらい。

投稿: ripple | 2006.03.01 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/8814537

この記事へのトラックバック一覧です: 無欲の勝利:

« 三寒四温 | トップページ | お経というもの »