« 東京砂漠 | トップページ | 豆まき »

2006.02.02

モーツアルト

この1月27日は、モーツアルトの誕生日だった。今年はモーツアルト生誕250年にあたるとかで、いろんなイベントが企画されているようだ。5歳から作曲を始めた神童は、35年の短い生涯を終えるまで、名曲の数々を残すことになった。なんと濃密な人生を生きたものだろう。いまでも毎日、いや毎時間、どこかでモーツアルトの曲が演奏されているに違いない。

高校時代、ハーモニカ・ソサアティーに入っていたとき、小夜曲を全曲演奏したことがある。有名な「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」だ。英語にすると、"One Little Night Music"。わたしはアルト・ハーモニカだから主旋律は吹かなかったが、一生懸命、練習したので今でもこの曲を聴くと特別な思いがよぎる。そのときも、モーツアルトはなぜこのような美しい曲を書けたのだろう、と不思議に思ったものだ。神が書かせたとしか言いようがない。

mouthorgan トンボ・クロマチック (バイオリンスケール)

月曜日から、BS2で「毎日モーツアルト」という番組が始まった。8:01~8:11までの10分番組だが、著名人のインタビューを挟んだりしながらモーツアルトの小品を聞かせてくれる。タイマーをセットして毎日録画し、夜これを見るのを楽しみにしている。きょうは、モーツアルトがパリに半年滞在し、女王様に歌を献上したところだ。まだ7歳というから、驚く。あしたはロンドンだ。


« 東京砂漠 | トップページ | 豆まき »

コメント

昨日は読書、今日は音楽と本当に趣味豊かでいらっしゃいますね。
ブログをやりだしてから本も最近読んでいません。一応読もうと佐藤愛子の血脈が上中下と3冊積み重なったまま・・・何時読めることやら、、

投稿: sakura | 2006.02.02 22:42

佐藤愛子さんね、歯に衣着せぬものいいが
面白いですね。サトウハチローもいい。
読むのはともかく、パソコンをやっている字を
書かないから、下手になりますね。漢字は
忘れるし、困ったものです。

投稿: ripple | 2006.02.03 09:51

はじめまして、ウエストコースト日日抄のwindowheadといいます。
同じような楽しみ方で「毎日モーツアルト」を聞いていらっしゃるようで、なんとなく親しみを感じてTBさせていただきました。
長崎から日常のことを発信している団塊です。
よろしくお願いします。

投稿: windwhead | 2006.02.23 11:13

TBありがとうございました。
毎日モーツアルトの時間の変更で、わたしもすこし見逃しました。トリノ・オリンピック期間中は休止かと早合点していました。わたしもビデオに録画して、夜楽しんでいます。

モーツアルトが母や姉に送った手紙、おもしろいですね。ただ風景とか自然の話題はなく、もっぱら音楽と人間だったとか。天才の眼は焦点をしぼっていたのですね。わたしなんか広く浅くで、なかなか実りません。

投稿: ripple | 2006.02.23 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/8464933

この記事へのトラックバック一覧です: モーツアルト:

» 手紙の朗読が楽しみ!な「毎日モーツアルト」 [ウエストコースト日日抄]
今日(正確には昨日なんだけど…)「毎日モーツアルト」の放送時間が変更になっていたため、HD録画に失敗していた。なんで時間変更になったんだろ。 それほど興味があるわけでもなかったモーツアルトを毎日聞くという行為を案外楽しんでいる。 リアルタイムではむつかしいのでHD録画して、その日時間があるときに観るという視聴の仕方だが、放映が始まってから今日までずーと続けて楽しんでいる。 もちろんモーツアルトの音楽の多彩さもあるのだが、たった10分に詰め込まれた「モーツアルトファンによるそれぞれのモー... [続きを読む]

受信: 2006.02.23 11:10

« 東京砂漠 | トップページ | 豆まき »