« うたたね | トップページ | 霜柱 »

2006.01.19

ほんもの

録画しておいた「オーラの泉」を見た。上原さくらがゲストで、前世、花街に売られたとか、丑三つ参りをした、などという話をしていた。

そのとき、霊媒師や占い師がたくさんいるが、その中からホンモノを見極める方法について触れていた。江原さんによると、謙虚か傲慢か、が目安になるという。神様や自然の前に人間は小さな存在であるから、謙虚でなければならない。人を脅したり、威張ったりする傲慢な指導者はニセモノだと思っていいという。わたしもそう思う。このことは、どの分野でも同じではないだろうか。


« うたたね | トップページ | 霜柱 »

コメント

傲慢・・・
細木ナントカさんのことでしょうか??
あの方は単なる口の悪いおばさんで、根は悪く
ないのかもしれませんが。

投稿: 白猫 | 2006.01.20 18:03

細木さんは、修羅場をくぐった人らしく、
やることもやるし、説得力もある。でも、

あんた、誰と話してんの?
あたし細木数子よ。

なんて、ちょっと品がない。
受けを狙っているのだろうか。
江原さんとはランクが違うみたい。

投稿: ripple | 2006.01.21 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/8246580

この記事へのトラックバック一覧です: ほんもの:

« うたたね | トップページ | 霜柱 »