« お富さん | トップページ | 七草粥の歌 »

2006.01.05

とり初め

kawasemi101 カワセミ♂

雪でも降ってきそうな寒い日だったが、今年はじめて野川に行った。風もあるので野鳥は少なかった。スズメ、セキレイ、キセキレイ、カワラヒワ、ジョウビタキなどがいたが、カワセミにはなかなか出遭えなかった。あんまり寒いので帰ろうとしたら、キキーッとカワセミの鳴き声がする。世田谷トラストの前あたりで、カワセミの♂を見つけた。かなり間近で写真を撮ることができたが、すでに日が傾いているのでコントラストがつよい。オス2羽が縄張り争いをしているようだった。

kawasemi104 カワセミ♀

こちらは嘴の下側がオレンジ色なのでメス。胸も足もきれいな色なので成鳥である。神明橋のお気に入りの枝に陣取って、何度かダイビングを試みていた。だが、成功はしなかった。水遊びをしていたのだろうか、この寒いのに。

kawasemi105

ちょっと遠くから撮ると、これがまた絵になる。やはりカワセミには水がよく似合う。風で揺れる枝先にとまり、うまいことバランスをとっている。健気な鳥である。その他にも、ダイサギ、カワウ、コガモ、カルガモ、オナガガモ、トンビなどを観察した。

野川には2時間ぐらいしかいなかったのに、家に帰ってきたら左のお尻っぺたが痛くなってきた。冷えたようだ。すぐ京子にお灸をしてもらったので、痛みは半減した。寒い日に鳥見をするには防寒ズボンが必要だ。外の仕事をする人は大変だな。

« お富さん | トップページ | 七草粥の歌 »

コメント

カワセミは綺麗で可愛い鳥ですね。カリフォルニアもいるのでしょうか?南カリフォルニアのロングビーチに住んでいた時は、バードワッチングに一度行ったことがありますが、こちらに引っ越して来てからは、まだ一度も行ったことがありません。
 
寒い天気の中、バードワッチングするのもなかなか大変そうですね。三番目の写真が寒々とした感じがよく出てます。
 
私は写真を始めたのは去年の夏で、それまで全く興味がなかったのですが、もともと自然が大好きなので、はまってしまいました。今はFUJIの100ドルちょっとで買った超シンプルカメラを使っているのですが、私も野鳥等撮れるように一眼レフのデジカメを買おうと思っています。でも、カメラやレンズって高いんですねえ~。貧乏学生にすれば高い出費です。
 
私もこちらでバードワッチング出来るところ探してみたくなりました。

投稿: かずみ | 2006.01.07 03:26

rippleさん、ご無沙汰していました。
明けましておめでとうございます(^^ゞ
ミクシィの足跡から来ましたが、ミクシィからHPに飛べるようになっているんですね。
カワセミここんとこ生で見たことがありません。河川敷で工事してるから別の所に移動したのかもしません。また時々寄らせていただきますね(^^ゞ

投稿: 満月 | 2006.01.07 14:55

かずみさん、
オーストラリアのカワセミの仲間を見たことがあります。ワライカワセミといって、羽の色がブルーの派手な鳥でした。英語では、ずばり、KingFisherと呼ぶそうです。日本語は翡翠で宝石ですね。きっとカリフォルニアにもいると思います。鳥を見るにはまずいい双眼鏡を買いましょう。撮影はちょっと大変です。
なるほど、バードウォッチングよりバードワッチングのほうが米語の発音に近いですね。

満月さん、
今年もよろしくお願いします。ミクシィで拝見しましたが、書き込みはまだでしたね。こちらでも今年は鳥の様子が変です。ツグミやジョウビタキが1ヵ月も遅れて渡ってきたし、その数もとても少ないのです。温暖化の影響かもしれません。ことしもカワセミに遊んでもらいます。(^-^)

投稿: ripple | 2006.01.07 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とり初め:

« お富さん | トップページ | 七草粥の歌 »