« とり初め | トップページ | 葬儀 »

2006.01.07

七草粥の歌

けさは恒例の七草粥を食べた。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、ぜーんぶ生で。京子が生協で生の七草セットを買ってきたからだ。ちょっと土臭かった。七草粥は七種の雑穀でつくる粥、という説もあるらしい。そういえば、七種と書いてナナクサとも読める。種々と書いてクサグサとも読む。七草をシチグサと読んでしまうのは貧乏性か。

永六輔の土曜ワイドで、外山恵理アナウンサーが「七草粥の歌」をうたっていた。その歌をうたいながら七草を刻んでお粥をつくる習慣があるそうだ。京子も聞いたことがあるという。ネットで調べると、こんな歌だ。

七草なずな、唐土とうどの鳥が日本の土地に渡らぬ先に合わせてバタバタ

これを、お囃子のように歌いながら七草粥をつくるらしい。中国大陸から鳥が病気を運んでこないうちに七草粥を食べて丈夫なからだをつくろう、という意味だという。むかしは渡り鳥が伝染病を運んでくると思われていたらしい。最近の鳥インフルエンザ・ウイルスのことを思うと、この考え方もあながち的外れではない。

一般的には、おせち料理で疲れた胃腸をいたわるために青菜のお粥を食べるという習慣がある。七草は胃腸に優しい和風ハーブというわけだ。


« とり初め | トップページ | 葬儀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/8046671

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥の歌:

« とり初め | トップページ | 葬儀 »