« 山茶花 | トップページ | 月と金星 »

2005.12.05

アーミッシュの人々

インディアナ州の大学に1年間留学していたことがある。たまたま隣のイリノイ州にペンパルがいて何度か遊びに行った。ある日、その家族と一緒にリンカーンゆかりの地、ニューセーラムに出かけた。イリノイの州都、スプリングフィールドの近くである。そこでリンカーンが暮らした丸太小屋などを見学した。

amishその途中で不思議な光景を目にした。何台か古い四輪馬車が行くのを見かけたのだ。フォードやGMの大きな車が走っている時代に、中世の馬車がとことこ行くのである。馬車は黒っぽいし、また乗っている人も黒っぽい服を着ているのでよく分からなかったが、アーミッシュの人たちだという。なんでも近代文明を拒否し、電気やガス、水道、エンジンなどをいっさい使わずに暮らしている人たちなのだそうだ。

今朝、「ラジオ深夜便」で、玉川大学教授の池田智さんが「アーミッシュの生活」について話をしていた。その歴史はルターの宗教改革の頃まで遡るらしい。アーミッシュはプロテスタントの再洗礼派のひとつで、徹底した平和主義、厳格な規律を守っているそうだ。池田さんは、そのコミュニティーで暮らしたことがあるという。『アーミッシュに生まれてよかった』という翻訳もある。

池田智さんの体験談が強烈だった。
アーミッシュの人々は古いドイツ方言を話し、今では読める人も少なくなったヒゲ文字を使う。電気、ガス、水道を使わない。とうぜん、テレビもラジオもない。ゴムを使わないから馬車の車輪も鉄製でごとごと走る。遠くに行くときは自動車に乗ってもいいが、運転はしない。飛行機は使わない。驚いたことに、ボタンも使わない。男はカギホック、女はマチ針でとめる。

三世代、四世代同居はあたりまえ。子供も一般教育は受けず、コミュニティーで英語などを教える。教会を持たず、各家持ち回りで集会を開き、先人たちの教えを詠唱したり、説教をする。農作業や建築はすべて共同作業。アーミッシュキルトは貴重な現金収入になるが、これも共同作業。個性は認めず、助け合う。だから競争もない。

信じられないほど便利にはなったが、ゴミ、公害、犯罪、国際紛争など、深刻な問題を抱える現代社会を考えると、アーミッシュの「進歩を拒む勇気」に学ぶことは少なくないように思う。池田さんも四世代同居を実践しておられるそうだ。問題もあるが、その効用は計り知れないという。

ハリソン・フォード主演の映画『目撃者』はアーミッシュの村が舞台になっていて、その生活がよく描かれている。もう一度、あの映画を見たくなった。


« 山茶花 | トップページ | 月と金星 »

コメント

刑事ジョン・ブック「目撃者」、懐かしいです。
好きな映画のひとつです。
映画ではよく理解していなかったアーミッシュの人々についてもこちらで改めて勉強させていただきました。

それにrippleさん、アメリカに留学していたことがあったんですね。
アメリカというと、私には国際結婚して、ニュージャージー州で暮らしている従妹がいます。
ハーフの女の子と男の子がいるんですよ。
去年、日本の叔母の家に夏休みに女の子の方がひとりで遊びに来たそうです。
(まだ確か8才だったと思いますが...汗)

投稿: 中谷京華 | 2005.12.05 20:16

私もアーミッシュに興味もった時期がありました。
やっぱりお料理ブック何冊か持ってます(笑)
「刑事ジョン・ブック 目撃者」ビデオも♪
あの納屋を村人で造るシーンが大好きで
音楽も素敵だったし映像がきれいでした。
昔、ステラおばさんのクッキーで
アーミッシュのカレンダーを
毎月だしていたことがあってよくもらいにいっていました。

投稿: lily | 2005.12.05 23:40

さすがアメリカ、懐が深い!
と、感心しました。
ただ心配なのは、どのくらいの規模の集団なんでしょう?恋愛&結婚問題が大変なのではないか・っと。いささかわき道にそれたこと、考えてしまいました。

投稿: take1962 | 2005.12.06 05:47

京華さん:最近はハーフでなく、ダブルともいうそうですね。

lilyさん:同じことを思っていたなんて、いよいよスピリチュアルですね。

take1962さん:アーミッシュ人口は推定16万。けっして少なくありません。

投稿: ripple | 2005.12.06 09:52

アーミッシュという言葉を聞いたことはあったのですが
頑固な生活を守っている人たちのことだったのですね
大変面白く思いました。
あのなんでも大量消費の国で、こんな生活の人たちとは。
深刻な環境問題を思うと、アーミッシュの生活というのは
大切なヒントを投げかけているのかもと思いました。

いつも美しい写真、興味深い記事、ありがとうございます。

投稿: jun | 2005.12.08 06:07

jun さん、こんにちは、
最先端の国アメリカに18世紀そのままの生活をしている人たちがいるのが驚異ですよね。義務教育を受けさせよう裁判になったこともあったようですが、アーミッシュ独特の生き方が尊重されて、コミュニティー内で教育してもよいということになりました。税金はきちんと払っています。

ほんと、差別や犯罪の多い国なのに、こういう懐の深さを持っているアメリカという国に感心します。日本のヤマギシ会が少し似ているでしょうか。

投稿: ripple | 2005.12.08 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/7478386

この記事へのトラックバック一覧です: アーミッシュの人々:

« 山茶花 | トップページ | 月と金星 »